秋の美しいピンマダイ

| EDIT

マダイだよ~


2012年10月29日(月)
三重県尾鷲市某筏で釣りあげました。

使用ロッド:桜伊勢1.65m
リール:黒鯛工房アスリートラガー65D
ハリス:グランドFX3.0号
フック:がまかつカン付きチヌ6号


26日(金)19:00
天気予報をみると日曜日は大荒れとなってます。
船長に電話すると
「天気予報では雨やけど大したことあらへん。行けるで~。」
この言葉を聞いて決断しました。
「月曜日でお願いします。有給使います。」
この船長、9月の台風の時も週末に人気の1号イカダが空いてるから勧めて
きましたが、船長の奥様から「アホウ。明日なんか風速30mの予報なのに行けるか!やめとき。」
と窘められてました。
はたして....


結局行かなくて正解。当日はかなりの大荒れで4組中2組が2時間でギブアップ。
2組は午前中頑張ったそうですが釣果は散々だった模様。
で、月曜日は

快晴


快晴!!

釣り場についてまずはいつもの手順です。
釣り座→タモ組立→ダンゴ作り→タックルを用意する。

ワタクシの場合はいきなり団子を投入するということはまずしません。
5号のナス型おもりをつけて底を取り油性のマジックで水深をマーキング。
その後、いわゆる広角で探って行きます。この時、おもりは5Bor1.0号or1.5号を使い分けます。
これは私見ですがチヌ狙いならばできるだけ軽いおもり(B~3B程度)でふわふわ落とし込んでいった方がよいの
でしょうが、マダイはある程度のスピードがあったほうが良いように考えてます。(理由はわかりませんが...)
この釣り場は水深が38mと超深いので1.0号をチョイスしましたがそれでもある程度時間がかかります。
着底。今日の活性は

めちゃしぶい!!

それでも20秒位待つとコツコツと当たりがきます。
回収するとオキアミはやはりなくなってます。
当たりから推察するにチャリコのあたりでなくゴンズイぽいです。

今度は底から4ヒロ位のところで止めてみました。コツっ。今度はヘダイぽいあたり。
やはりオキアミはなくなっています。
ローテーションでオキアミ→コーン→サナギ→練り餌を試しますがやはり本命らしきあたりはきません。

しょーがねーなー。
団子やるか。

これがあとあと大きく裏目に出ました。

中層から底まで

ヘダイ。ヘダイ。ヘダイ!

午後、15:00位には帰ろうかと思いましたがここからドラマが起こりました!

団子を中層から割ったりした結果、底から3ヒロ位から底まではヘダイでびっしりです。
そこで勝負は中層の底から6ヒロから4ヒロに照準を定め、1.5号のゴム張りを装着。
サシエはとっておきの活きウタセエビ。これをほほがけで刺してなおかつ目立たせる?
いやいやおまじないでマダイイエローをちもと付近にラインごとつけます。

いざ!

6ヒロに到着。でも何事もなし。
10秒。。20秒。。30秒。。
心の中で将棋の対局中のタイマー係のお姉さんチックに数えます。

なんもねぇじゃん(怒)

しびれをきらし大きくゆっくりあおりラインを張り気味で再度落とし込みます。

ゴゴンッ!

えっ。

キターーーーーー!

やり取り開始!

マダイの最初の突込みは強烈です。
スプールをひとさし指でコントロールしながら引くときはラインを出してやり収まったら
巻くを繰り返します。
5分程格闘したのち無事ネットイン。
秋魔鯛。

捕獲完了です!

また今週も行って来まーす!


釣り・フィッシング ブログランキングへ


海釣り ブログランキングへ


にほんブログ村








Category: 釣り > 筏釣り

はじめまして

| EDIT

紀州在住の釣りキチです。
ブログ初心者のためお見苦しい点もあろうかと思いますが宜しくお願いします。

Category: 釣り
↑