ライトヒラメ

| EDIT

121230_172056.jpg

やりました。
ヒラメ戦復讐達成です!

まず、言いたいのは大塚さん

ありがとうございました!

です。何度も言いますがキャスターの大塚さんじゃないでよ~
ダイワのテスターをやられてて先日急往された大塚氏です。
では、本編スタートです。

2012年12月30日 鳥羽の某釣り船

そうなんです。船釣りはワタクシやらないと言っていましたが今回はプライド
を捨て行ってきやした。
行かないとはいえ、実は25年前に父ちゃんと岡山で仕立て船に行ってたみたいです。
しかも、カレイ釣りに行ったはずが何故かワタクシヒラメ釣ったらしいです。
当時は持ってた男だったんすかねぇ。
am 5:30船到着

ワタクシ「おはようございます。今日はヨロシクお願いします。」
船長「おはよう。今日はじめてだったね。タックルみして。」
  「はぁ?君この細っちょろい竿でやるの?しかも、これPE2号位だけど
   こんなん一瞬やで。フロロの6号巻いたるわ。」
船長は既にフロロを巻き出してますが、実はPE1.5号です。
ワタクシ「フロロ巻かなきゃだめっすかね。普段筏だとフロロの2号で80センチ級の
     マダイ上げてるんすけど。今回感度重視のタックルで行きたいんすけど。」
船長「筏とココの魚は違うぞ。完全な外海やからな。まぁエエ。切られなわからんやろ。
   ほんなら、最初はそれでやってみい。」
船長怖っ。
まぁ、でも今回のテーマであるあくまで筏釣りの延長線であるライトタックルで出来る
ことになったので良かったです。

121230_055120.jpg

ロッド:リーディング73M-200
リール:リョウガベイジギング2020

am6:30出船。
てか、この日は低圧接近で海は大荒れです。
普段渡船で乗ってる4倍位ある立派な船ですが、木の葉みたいに海で揺れてます。
こんなんで出来るのかと思いましたが、やるみたいです。
船で感心したのは、水洗トイレや大型のキャビン、電子レンジ、ポットや簡単な調理場
まであることです。この辺の装備は流石っすね。

船長「準備してください。」
全員キャビンから出て釣り座に着席です。
ワタクシは今回左舷のトモよりです。
ミヨシの方が有利と言われるヒラメ釣りですが、今回は初めてなので謙虚にトモ側に
釣り座を確保しました。
左右の方にお願いしますと声をかけ
船長「どうぞ、やってください!」でスタートです。

今回錘が30号でスタートです。(他のひとは60号すけどね)
ワタクシ「まずは棚取って底から1m巻きだな。しかも、超ゆれてるから30秒に
一回位は底立ちとろうっと」
潮も速いですが、船の流し方も結構はやく普段の筏釣りとは全く違います。
「うーん。ある程度船の動きに同調させるイメージで左右のロッド操作は控えめが無難だな。」
エサの生きイワシを一旦引き上げてチェックしようをしましたが、ここでふっと軽くなります。
ああっ(汗)やっちまったか?お祭りだな。

巻き上げると左隣の人と祭ってます。
潮は左から右に流れてました。
とすると、左の人が流し過ぎたようです。
聞くとヒラメ釣り初めてだそうで、底たちが取れないみたいです。
左の人「すみませんねぇ。」
ワタクシ「いえいえ。大丈夫ですよ。」
といって、カゴ釣りのバックラ外しで鍛えた要領で絡みを取っていきます。

気を取り直し再度スタートです。
すると、着底してすぐにビビビッと穂先が揺れてます。
イワシが暴れてるようです。
ワタクシ「敵さんは近いみたいだな。」
ここで早アワセは禁物です。
10秒...20秒...
いつものように将棋のタイマー係のお姉さんが頭で時を数えてます。
しかし、2分経過しても穂先押さえ込まず...
意を決しメチャメチャデッドスローで穂先を上げます。
するとググッときました。
そのまま大きく穂先を聞き合わせします。

乗ったぜ!

ポンピングなしで慎重に巻き上げます。
皆さん周りは電動リール装備ですが、気にせずワタクシは手動で巻き上げます。
魚が引いてるときは巻くのを止め筏釣り師特有の竿を体の前に出しいなします。
右隣の人がいつしか隣にきて
「見てていいですか?」
とタモを準備しきています。
ワタクシ「どうぞどうぞ。そんなデカクないすけどね~。」
果たして...
来ました。本命の茶色い魚体が浮かび上がります。
タモ入れをお願いしますが、隣の人痛恨のミス。
自らすくいに行って入りません。
右隣の人「すみません!あせっちゃいました」
しかし、ここでワタクシ前回の筏でのバラシがアタマにあったのでクラッチを切ります。
「大丈夫です。まだ終わらんすよ」とシャー・アズナビル風に言います。
再び魚体が上がり今度は無事ネットインです。
ガッツり隣の人握手しました。
隣の人「いや~お上手ですね。変わった上げ方されてましたけど竿の弾性を上手く使って
いなしてましたね。」
ワタクシ「普段は筏が多いのでクセっす。船釣りは初めてなんで色々教えて下さいね。」
この方は常連の方らしくポイント毎に船長の流し方のクセや海底の状況を色々親切に教えていただきました。

しかし、リーディング73の初めての戦果が目標のヒラメで本当に良かったですが、間違いなく
言えるのは

スゲー名刀です!

穂先の感度は錘負荷をかけてる状況だと筏竿に匹敵するほど敏感ですし、掛けてからも
パッドのパワーは申し分ないです。
それから暫くしてそれを証明する出来事がおこりました。

この日は天候が大荒れだったこともあり船中20人中ヒラメ5匹という低釣果です。
(ちなみにワタクシは内2匹釣ってます笑)
船長は意を決しこの時期ブリがいる釣り場に行きます。

船長「やって下さい。ここは青物の大物でるから気を緩めずに!」
第1投
80Mの深場ですが着底してしばらく何もなかったので少し上を攻めブリを狙います。
すると、
グッ

と穂先が入り即座に電撃アワセをくれてやります。
やり取り開始!

船長も出てきて「ブリや!頼むで若いの!」
来る前に馬鹿にしやがったクセに!まぁでも掛かったら燃えるのは海の男共通やね。
突っ込みはかわしますが、重すぎてリール巻けず流石にポンピング使います。
パッドの根元からひん曲がってますが、まだ大丈夫そうです。
頼むぜ。リーディング。心の中で何度も唱えます。

しかし暫くすると首の振り方がどうやらサメっぽいです。
ワタクシ「多分サメやで。船長。」
船長「まだ、わからん。取り敢えず上まであげて。」
ワタクシ「・・・」
ゆっくりと魚体が上がってきました。
1mはあろうかというハンマーシャークです。
乗組員「ごめーん。兄ちゃん。指切られるから錘もったいないけど
切るよ~。
ワタクシ「どうぞどうぞ」

船長「兄ちゃん。腕あるな~。これからPEでやってもらってOKや。」
この言葉がスゲー嬉しかったです。なんか筏釣師がちょっぴり認められた気分でした。

その後、マトウダイを1匹追加しこの日は終了。
極寒+大荒れで厳しい釣行でしたがコンディションを考えると大満足でした。

今回、オールダイワのタックルで行きましたが流石に大塚さんが作った竿は
伊達ではなかったです。
名刀言われる所以が少し分かった気がしました。
リーディング73、この竿に出会えたことにホントに感謝です。

DSC_0643 - コピー

今年は皆様、本当にお世話になりました。
来年もどんどん記事をupしますので「紀州マダイ戦記」をヨロシクお願いします。

では~


下のバナーをそれぞれぽちっと押してください。


釣り・フィッシング ブログランキングへ


海釣り ブログランキングへ


にほんブログ村








   

Category: 釣り > 筏釣り

Are you still alive?

| EDIT

ヒラメ噛み

生きてます!

上のアジ君「噛まれて超痛かったけどね。」

週末は日曜日と月曜日(半日)ヒラメの復讐に行ってきやした。

結果は....

1日半でヒラメらしきアタリは3回あったものの乗らず....

分かってはいましたがそんなに甘くないっすね。

リーディング実釣

新兵器のリーディング73M-200のポテンシャルも魚かけてないから未だわかりません。

今週末、懲りずに再度行ってきます。

てか、この釣りとにかく眠い。

まぁ、積極的に攻めてかけにいく釣りでなく基本は待ちの釣りですからね。(悲)


では~


下のバナーをそれぞれぽちっと押してください。


釣り・フィッシング ブログランキングへ


海釣り ブログランキングへ


にほんブログ村



Category: 釣り

リーディング73

| EDIT

リーディング

いよいよ今週に迫った対ヒラメ用に新兵器を

買っちやいやした!

その名もリーディング73M-200
です。
今回はサクラスペシャルを置き竿にしコイツを手持ちで狙おうと思います。
実はワタクシ、渓流や筏釣り、カゴ釣り、磯釣り、投げ釣り、ルアーと色々やり
ますが船釣りだけはやりません。
理由は、ズバリ釣りやってる時位自由にやらしてくれい!だからです。

しかし、前回のヒラメで分かったことは筏竿だと10号程度の錘を背負うのは厳しいし
サクラスペシャルだと竿の調子がちょいと固いかなといったところでした。

しょーがねー。
船竿いっちゃうか!

しかーし
ネットで情報収集するも専用竿は大体竿の長さが2.4-3.0m近いのが多く筏やカセで
使うにはちょいともてあましそうです。

うーん。困った...

近所の釣具屋数軒に毎日通いシマノやダイワ、よー分からん船竿メーカーの竿をかたっぱし
から取り出し調子を確認します。
ここで感心したのは三重県の大抵の釣具屋は竿の調子を見るためにとテスト用の錘を
それぞれ置いています。それも5号刻みで5-150号位までですよ。
いや~都内の某釣具店も見習って欲しいっすね。
そんなこんなを月曜から水曜までやってました。

三重県の某釣具屋
初老の店員さん「お客さん。熱心ですね。何かお探しですか?」
ワタクシ「いや。ちょっと」
ワタクシの場合、洋服とか買いに行った時も店員さんに声掛けられると
緊張しちゃうタイプです。
分かる人は分かってくれますよね!

店員さん「間違っていたら申し訳ございませんが、ヒラメでしょうか?それも筏かボート辺りで。」

なに~!なんでこのおっさん分かったの?専用竿とか見てねーのに。
動揺してるのを悟られないように今中慎二ばりのポーカーフェイスで

ワタクシ「えーまぁ...」と曖昧に返事します。
店員さん「いや、先程から短めの竿をご覧になられてたのでそうかなと思ったのですがライトヒラメ
でしたらコレとかアレとかそうそうこちらなんかもお勧めです」

ライトヒラメ?ライトタックルって単語は聞いたことあるけど。
やっぱしあったんだ~。船釣りにその単語が。

スゲーいい響きです。

たぶん求めている竿はそのカテゴリーです。

ワタクシ「船のヒラメ釣りにもライトの概念ってあるんすか?でもヒラメのライトタックル
の専用竿ってないっすね。」
店員さん「三陸地方向けの竿でシマノが出してるんですけどね。どういうわけか最近作って
ないのと長さが2.4mからなんでちょっともてあますかもですね~。」
ワタクシ「ズバリ、お勧めの2本はどれっすか?」

店員さん「シマノだったらライトゲーム73CI4M-200、ダイワならリーディング73M-200です」

それぞれ、15号と30号の錘をつけて調子を確認してみます。
シマノもダイワも30号でも問題なく背負えてますが竿の曲り方はリーディングの方がしっくり
きます。ライトゲームは随分パッドに近いほうから曲がっていくような印象をもちました。
なかなか表現が難しいんですが、ライトゲームは玄人受けするピーキーな仕上がりでリーディング
は素直といったところでしょうか。

甲乙つけがて~。

店員さん「そうそうダイワのリーディングは先日亡くなられたあの大塚さんが作った竿なんですよね。」
とポツリといいました。

皆さーん。
目覚ましキャスターの人じゃないっすよ~

大塚貴汪氏(おおつかたかひろ)
ダイワで長らくテスターをつとめた方で今年の9月に56歳の若さで急往されました。
ワタクシは船釣りはやりませんが、この人はめちゃくちゃ尊敬してました。
ザ・フィッシングでもこの人の回は毎回みてた程です。
仕掛けの作り方やエサの考え方、華麗な竿さばき、執筆された本も持ってます。
激釣テクニック1、激釣テクニック2
この2冊で大体の沖釣りは網羅出来るのでは?というくらいの本です。
ワタクシは仕事柄、日経新聞には毎朝目を通しますが、訃報欄でその事実を知りました。
釣り師で日経の訃報欄に載るってホントに凄いことだと思います。
それだけ、皆さんに愛されてたということだと思います。

大塚さんの竿だなんて全く知りませんでしたが、竿としては正統派の調子に惚れ今回
購入しやした。
今週末のヒラメ戦でまたインプレしたいと思います。

では~


下のバナーをそれぞれぽちっと押してください。


釣り・フィッシング ブログランキングへ


海釣り ブログランキングへ


にほんブログ村



Category: 釣り > 道具

轟沈!

| EDIT

ラッキー

バラしたんかい!(怒)

すいましぇん。
日曜日な賀田湾に行ってきましたが、痛恨のバラシをやっちまいまいやした。
海面まで浮かせたのに.....
最後の最後タモ入れ直前にひとのしでした(悲)
70センチはあろうかというヒラメでした....
今週はもうその件がアタマから離れません。

12月16日(日) 賀田湾
ワタクシ「週前半より寒さはマシだけど相変わらず寒みーな。魔鯛は活性下がってるだろうから
活きアジも持って行ってヒラメも狙おうっと」

沖カセに到着。
まずは2時間ほど落とし込みでマダイを狙いますが、こまかいアタリばっかしです。
「ハギーノ湧いてるな。めんどくせー」
取り敢えず晩メシようにハギーノを3匹程確保です。
キモパンで旨そうです。

ここでようやくヒラメタックル準備。
ロッド:サクラスペシャル
リール:コンクエスト50
道糸:PE1号
ハリス:フロロ5号60センチ
捨て糸:フロロ3号60センチ
エサ:活きアジ 口かけ、孫ハリ背がけ

「まぁ、釣れたらもうけもんだな」

マダイを狙いつつ置き竿のヒラメ竿をチラチラ見ながらの釣りを実行しました。
しかし、この日は中層から底にかけてはハギーノが湧いてて全く釣りになりません。
一方ヒラメ竿は

時折活きアジの魚信が穂先に出ますが、完全に

沈黙です。

もうしゃーないから久しぶりに昼寝を敢行しやした。

30分経過...

1時間経過...

ガゴン!

えっ。慌てて竿みるとサクラスペシャルが海中に没してます。
相当あせりました。
尻手ロープを手繰ります。
ここで深呼吸。
ヒラメ釣りに早合わせは禁物です。
ヒラメ40という言葉がありますが、活きアジを完全に飲み込むまで
がまんです。
10秒・・・20秒・・・
スゲー時間が長く感じます。

1分経過。

穂先が海中に突込みます!

キター!

思わず鯛釣りのような電撃アワセを入れたくなりますが、聞くように
ゆっくり持ち上げます。
ドッシリと乗りました。
感覚を言うと岩でも釣り上げているような感触です。
あとはコンクエストのドラグをしめゴリ巻です。

果たして..

座布団みたいなヒラメ殿登場。
手が震えてますがタモ入れ準備です。
その時悲劇が、

最後の抵抗と言わんばかりに激しく突込み、痛恨のハリはずれでした。

ドラグをガチガチにしめたことと、いっそクラッチ切ってもう一回バトル
してれば獲れてたと思います。

その後30分ほど放心状態。

気を取り直し再度仕掛けを投入するも...

来るわけないっすよね。

今週は再度復讐に行きたいと思います。
あえてリベンジとは言いません。これは釣師のプライドをかけた復讐です。
もはや今週に限りマダイ釣りは封印です。
本気でヤツ(ヒラメ)を捕りに行きやす。

では~


下のバナーをそれぞれぽちっと押してください。


釣り・フィッシング ブログランキングへ


海釣り ブログランキングへ


にほんブログ村








Category: 釣り

耐え難きを耐え

| EDIT

魚拓2

今週行ってきます!

てか、最近の天気ですが

寒い!

寒さに負け最近釣り行きが止まってましたが今週は根性で行ってきます。
写真は今年のマダイとチヌの最長寸魚拓ですが、これをなんとか更新すべく
出撃致します。
寒すぎて死にそうですが耐え難きを耐えなんとかものにしたいと思います!
場所は須賀利か賀田どちらにしようかブリーフィンング中です。
お勧めのスポットとかありましたらお知らせ下さい。

では~


下のバナーをそれぞれぽちっと押してください。


釣り・フィッシング ブログランキングへ


海釣り ブログランキングへ


にほんブログ村



Category: 釣り

外伝 渓流の巻2

| EDIT

ヤマメ

秋に捕獲した戦果です。
綺麗なアマゴちゃんでした。(氷やけしてるのがおりますが...)

てか、道なき道を根性で原付スクーターで走破しましたが前日はなんと招かざる
生物との遭遇もありかなりビビッてました。
そうです。

熊殿です!

体調2m近くでしょうか?
帰り道に林道の川側がなにやらがさごそ。
最初、サルか鹿かと思いましたが、なんと出現したのは真っ黒い熊。
ちらっとワタクシの顔に一瞥をくれてそのまま林道を横切り林に消えて行きました。
てか、初めて見ましたけどメチャクチャ速かったです。
あとで調べましたが、熊は時速50kmで走ることができ100mを7秒切るそうです。
その時、原付にまたがったままでしたが猛ダッシュでその場をあとにしました。

そんなこんながありましたが、釣果は格別でした。
ヒトが殆ど入っていないためか、淵にブドウムシを投入して3秒以内にアタリありっていった感じ
です。
場所は今回秘密にさせて頂きますが、ヒントは

大台廃車

途中の林道でこれがあり、ニホンオオカミの生存説が絶えない山です。(バレバレか笑)
でも、くれぐれも初心者の方は単独で行かないでくださいね。
獣達も怖いですが、沢登りもかなり上級者向けで近畿以西では恐らく最も危険な場所だと思います。
来年は近所に住んでるテンカラ師匠に弟子入りして毛ばりに挑戦したいと思います。
では~

下のバナーをそれぞれぽちっと押してください。


釣り・フィッシング ブログランキングへ


海釣り ブログランキングへ


にほんブログ村



Category: 釣り > 筏釣り
↑