大破!

| EDIT

130325_055256スガ

昨日ですが大変厳しい戦いとなりました。
先週までの暖かコンディションはどこへやら。
めちゃ寒で風ゴーゴーでした。
当然、魚も

活性低し!

しかも今回は先週マダイを仕留めた3番筏を押さえてましたが、
当日船長の一声

6番でやれぃ!

この時期ホーム(須賀利)の5,6番は当たればデカイやつきますが潮が飛ぶように
速かったりとひじょーに(テレンス・リー風)難しい釣り場となります。
まぁ、今年は未だ誰も5番6番でデカイの仕留めてないので船長がワタクシに
託してくれたと超プラス思考で考えてますが....

お願いしますよぅ!船長!

130325_175228カワ

今年の元旦に誓いをたてた完全試合(丸ボウズ)だけは絶対にしないはなんとか
免れましたがマジやばかったです。
まぁ、丸ボウズだったらオープン戦ですからって言い訳しようと思ってましたけどね(笑)
しかし開幕(3月29日予定)してから序盤はしめてかからないとマジやばそうです(汗)

飛龍縮小

写真はミッドウェーで奮戦むなしく大破炎上中の飛龍です。

では~

下のバナーをそれぞれぽちっと押してください。


釣り・フィッシング ブログランキングへ


海釣り ブログランキングへ


にほんブログ村






Category: 釣り > 筏釣り

出撃

| EDIT

海

これからホームの筏に行ってきます!
(写真は先日偵察に行った伊勢湾です)
もちろん本日も乗っこみの魔鯛狙いです。
お楽しみに~

では~

下のバナーをそれぞれぽちっと押してください。


釣り・フィッシング ブログランキングへ


海釣り ブログランキングへ


にほんブログ村






Category: 釣り

真鯛カクホーーーー

| EDIT

すし屋


芸人くじらさんのものまねじゃないすけど取り敢えず

マダイ確保!

しました。

えっ?そんな事はいいから写真の美人の情報をもっと寄こせって?
いやいやそれは....

今回は前回の船長からのお叱りや写真の前出のIさんからのリクエストもありかな~り真剣
に真鯛釣りやりやした。
では、本編スタートです。

月曜日の昼下がり

ワタクシ「げっ船長からや!」
船長「仕事しとるか?」
ワタクシ「ハイ。しっかりやっとりますよう。なんでしょう?」
船長「先週はマゴチなんか釣りやがって。今週末も条件エエから今回は浅場寄りの3番
でやれ!その代り全力でマダイを捕りにいかんとあかんぞ!」
ワタクシ「ええ~。未だ活性低いから今週はゆっくりしようと思っとたのに」
船長「湾内には既に確実にマダイ入って来とる。他の客がよう釣らんだけや!
頼んだでエース!出船はちょいと早まって6:30や。来とけよ!」

かなーり強引なお誘いでしたがこうして行くことが決定してしまいました。
しかもその夜

Iさん「来週18日に行きつけのお寿司屋さん連れてって頂ける件楽しみにしてます
ワタクシ「もちろんです。あっ今週釣りに行くことなったんで天然マダイ釣れたら大将に捌いてもらいますね」
(やべ~。自らプレッシャーかけてどうする~。たまたま釣れたで良かったじゃねーか~汗)
Iさん「超楽しみにしときますね!」

当日6:00 尾鷲のホームの筏

船長「今日も客満タンやけど最近さっぱりやっ。頼むで!」
ワタクシ「今日は活きアジやったら筏に宿泊させられる思って筏竿2本しかロッドケースに
入れてこんかったわ」
船長「はっはっ。そうか。ほんなら期待しとくわ」

3番筏に到着。
ここは水深25m位で須賀利では浅場と深場の中間のようなところです。
どちらかというとマダイより黒鯛のイメージが強いですがこの時期はマダイ回遊の通り道になっているらしく
最低1回は時合到来が期待できる釣り場でもあります。

本日のタックル
ロッド:桜伊勢1.65m
リール:黒鯛工房アスリートラガー
ハリス:クレハ2.5号
ハリ:チヌ針6号

まずはいつもの通り1号錘で広角です。
先週活性がめちゃ低かったことを考慮してボケからスタートです。
中層~底へと移行しますがやはり活性めちゃ低いです。

ちくしょう。ウタセエビがあればまだ勝負できるのに!
ウタセエビは例年4月の中旬以降にならないと店先に並ばないため活きエビ系で
最も有効なエサはボケになります。

着底させてしばらく上方向に誘いを入れますがなーにもアタリません。
そこで普段あまりやらないんですが横方向への誘いを入れます。
すると

コッコッコッ

と弱いアタリ。
電撃アワセを入れると

ハギーノ(カワハギ)でした。


しゃあないからハギーノでもいいから釣り続けようとしばらくアタリにかたっぱし
からアワセを入れていくと

乗ったぜ!

小さそうですがそれでもアワセた腕が肩のところで止まります。
3ヵ月ぶりの天然マダイの引きです。
超慎重に寄せると

マダイ


30センチでした。
良かった~。取り敢えずこれで色んな意味で恰好がつくな。

その後、ダンゴを断続的に投入して少しでも活性を高めようと努力しますが、
アタリがとにかく弱い。
最初の1匹も上唇に皮1枚で針が掛かってましたが、前アタリにアワセを入れにいくのは
ホントに凄い集中力が必要でワタクシの場合15分が限界です。
そこで本日の秘密兵器

アオイソメを使います。

すると、ボケよりも少し大きめのアタリが断続的に続きます。

これでパターンをつかみました。

電撃!電撃!電撃!電撃!

と立て続けに仕留めます。

で最終戦果は
マダイクーラー


マダイ 45センチ頭に×5
カワハギ×2
カサゴ×2

となりやした。
17:15
この日の迎えは何故かワタクシの3番筏が最後です。
皆さんうなだれてます。
船長(やったか?)
ワタクシ 一応微妙にうなづきます
船長「クーラー開けたって!」
ワタクシ そろーっと開けます。
他の釣り客「この活性でよう釣ったなあ!」
船長「なっ確実にマダイ湾内入っとる言うたやろ。みんながよう釣らんだけやで!」
ワタクシ(船長。そんなケンカ売るようなこといわんでも汗)

番外編 3月18日(月)18:45 津市内のお寿司屋さん
Iさん「釣りお疲れ様でした~。」
ワタクシ「活性低くてあせりましたけど天然マダイ釣れて良かったです」
Iさん 今が旬の天然桜鯛を食します。
「こないだの釣り居酒屋の鯛もおいしいと思いましたけどコレ食べたら他の食べれませんね

(ウッシ!!)

その夜は三重県の銘酒「作」Z(一般の小売店では売っていない飲食店の限定酒)の杯が進みまくりました。

湯通し

大将。刺身も吸い物もめちゃ旨かったです。当日突然持ち込んだのにホントに有難うございました!

では~

下のバナーをそれぞれぽちっと押してください。


釣り・フィッシング ブログランキングへ


海釣り ブログランキングへ


にほんブログ村






Category: 釣り > 筏釣り

ただでは帰らんぞ!唸る名刀リーディング73

| EDIT

コピー ~ コチ

本日の巻頭は久々当ブログの管理人であるワタクシでございます!
大型のマゴチを釣って超嬉かったのでいつもより多めに顔出ししております(笑)
え?開幕は29日じゃなかったのか?とツッコミを入れるアナタ!紀州マダイ戦記ファン認定で
ございます。
では、その経緯からスタートです。

3月第1週21:00位鈴鹿の某居酒屋

森田君「先輩。今日もジムにトレーニング行ったんですか?」
ワタクシ「ハイ。今の内に絞っとかないと開幕してから魔鯛のアタリにアワセられないですから」
↑(プロ野球選手みたいなこと言ってますが単に健康診断で中性脂肪ひっかかっただけです汗)
森田君「今週は週初めから気温20度前後で週末は大潮すよ。でも開幕は29日とコミッショナー宣言
出しちゃいましたからね~」
(何~そんなに条件良いのか。やべ~超行きて~!!!)

暫く2人共無言で焼き鳥と焼酎を食します。

意を決しワタクシ
オープン戦ってことでどうだろ!

森田君「先輩。ナイスです。それでいきましょ」

ということで

3月9日(土)6:30 尾鷲ホームの筏
船長「久しぶりやな~。今日から開幕ってことで良いの?」
ワタクシ「うーん。まぁぼちぼちとね」
船長「今年はまだ誰も大型釣ってないから頼むでエース!」
  「ところでその若いのは初めて?こないだ秋に連れてきた坊やみたいな子は全然やったから
   釣らしたってな」
ワタクシ「森田君は磯釣り結構やるから大丈夫やで。なっ」
森田君「はい。頑張ります。」

3か月ぶりですが本命の1号筏は以前と変わらずやる気がみなぎります。

正式1号筏遠く

まずは、森田君にタックル、仕掛け、ダンゴの作り方をレクチャーします。

本日のタックル1
ロッド:桜伊勢1.65m
リール:黒鯛工房アスリートラガー
ハリス:クレハグランドFX3号
ハリ:チヌ針6号

本日はまず1号錘をつけ広角で探ります。

いざ!

水深40mの底付近から底から7ヒロ位までの範囲を重点的に探ります。
しかーし

生命反応皆無です

暫くアオキアミ、コーン、ボケ、岩ガニなんかのローテーションで攻めますが....
とここで
森田君「アタリました。竿ひったくられそうになりました!」
ワタクシ「電撃アワセ入れたか!」
森田君「入れましたけど遅かったみたいです悲」
ワタクシ「まだまだ修行が足りんのう」
(てか、ここまでワタクシには全くアタリないです。なんでや!)
その後1時間程全く活性上がらず
ここで1人5-6個程度、ダンゴの絨毯爆撃を開始です。
しかーし相変わらず激シブですが、

森田君「乗りました!」
ワタクシ「焦らずゆっくりな!」
森田君「はい。タモお願いします!」
果たして
10センチ程のかわいいカサゴちゃんでした。
ワタクシ「おいおい頼むで~」
てっ今だから言えますが、掛けたときは先越されたと思って相当あせりましたよ汗

この後相変わらず全く盛り上がらずここでワタクシこっそり持ってきた活きアジタックルを準備です。

タックル2
ロッド:リーディング73M-200
リール:リョウガベイジギング2020
道糸:PE1.5号
ハリス:フロロ5号1ヒロ
捨糸:フロロ3号30センチ

ここでポイント。
ヒラメ釣りをやられる方は捨糸の長さをハリスより長くするか短くするか悩まれる方も多いと思います。
ワタクシはズバリ短い派です。
理由は短い方が絡みも少ないですし、活性が低い時にベタ底釣りに移行するのも楽です。

いざ2!

といってもこの釣りは以前にもご紹介しました通り、基本待ちの釣りなのでめちゃ暇暇です。
竿先のアジの動きを起きてるのか寝てるのかわからない状況で見つめますが基本超だるいです。

・・・・・・・

それはいつもの通り突然でした
ズボッ!

名刀リーディング73の竿先が海中に没します。
慌てて腰掛チェアーから転げ落ちながら竿をひったくります。
ここで電撃アワセだけはご法度です。
ゆっくり聞きアワセをすると

乗ったぜ!

重量感があるながらも海中に突込うとする独特の引きです。
リョウガのドラグ力を信じてポンピングなしでゆっくり巻きます。

ヒラメか?ヒラメか?ヒラメなのか~?

ワタクシ「森田!タモ。タモ」
一瞬タモさんとか小寒いギャグかまそうとしましたがはっきし言ってそんな余裕なかったです。

果たして。。。

ゆっくり姿を見せたは平べったくないですが...

マゴチキタ----------!

森田君タモ入れ一発で決めます。
もしもの場合にそなえてクラッチいつでも切れるように準備してましたが必要なかったです。
実は森田君。最近気づきましたがタモ入れ名人です。今までワタクシの獲物をすべて一発で決めてます!

正式コチタモ

55センチのタモ網からはみ出してますが、60センチありました!

その後もマダイ狙いはお寒い限りでしたが

正式マトウダイ

フレンチの最高級魚

マトウダイ!

が2匹釣れたりと活きアジタックル大活躍でした。

最終戦果は

ワタクシ
マゴチ 60センチ
マトウダイ 45センチ
マトウダイ 35センチ
カサゴ  20センチ
カサゴ  15センチ

森田君
トラギス 20センチ
カサゴ  15センチ
カサゴ  10センチ

帰りの船
船長「どうやった?マダイ釣れたか?」
ワタクシ「マダイはダメやったわ。でも...」
船長「クーラー見せてみぃ」
  「お前マゴチとマトウ釣っとるやないか。また活きアジやったやろ。
   変な仕掛けでやるからマダイ釣れへんのや!怒」
   「そっちの若いのは?」
森田君「晩メシのおかずを少々ですぅ」
船長「ホンマ頼むで~。まぁええ。次回はホンマに釣れよ!」
ここの船長はホントにラブ魔鯛って感じです。
次回は本気で捕りにいかないとまずそうです(汗)


コチクーラー

では~

下のバナーをそれぞれぽちっと押してください。


釣り・フィッシング ブログランキングへ


海釣り ブログランキングへ


にほんブログ村






Category: 釣り > 筏釣り
↑