コラボ釣り(後編)

| EDIT

スガリオレ - コピー

熱中症でフラフラしながら2日目の釣りスタートです。
最終日は散々迷った挙句6番筏でスタートです。

ワタクシは前日同様イガイをメインで使用します。

コッコッコッ

と弱ーいアタリが連続し、たまに取られます。
電撃を入れますが乗りません。
針を小さくしたり色々やったんすけどね。

とここでダンゴ釣りをメインでやってたアッポーさん掛けました。
上がってきたのは

アッポーさんサバ

サバ!

なんとダンゴ着底後→割れで喰ってきたとのこと。
水深30mの底っすよ!
よくわからん状況でした(汗)

スガリパラソル


副会長も同じくサバ2本を掛けてしばらくしたときでした。
アッポーさんまたしてもヒット!
副会長「またサバかぁ?」
アッポーさん・・・・

副会長「いや違う!マダイや!!!」
ワタクシも一目散で駆けつけます。
45センチの綺麗な魚体でした。

激シブの状況のなかホントに勇気をもらえる1枚でした~。

しかーし午後に入ると激シブ状況は更に悪化。
デッシー(死海)状況に突入しやした。

しかもこの日は副会長とアッポーさんは豊橋に帰るため渋滞回避で15:00上がりです。

ワタクシ「2日間ホントに有難うございました。楽しかったです。」
副会長「今度はホームの伊良湖に来てください!」
ワタクシ「是非是非!今度は森田も連れていきます。」
アッポーさん「1枚釣れて良かったです。またご一緒させて下さい!」

途中での別れは少し切なくなりましたが....

そうです。ワタクシ感傷に浸ってる場合じゃないんです。
なんとここまで完全試合(ボウズ)中!
今年の元旦に誓いを立てた完全ボウズだけは絶対にしないが破られそうな勢いです。
取り敢えず1番筏に移動しやした。
納竿まで2時間切ってます。
取り敢えずボウズのがれで2号針でオキアミつけてなんか狙おうかも考えましたが
それは漢として沽券に関わります!
あくまでマダイ狙いを貫きます。
まぁこれで釣れれば「ドラマチックに魅せろよ!」井端みたいで最高にかっこいいすからね。

まずは広角ボケで底付近の状況チェックです。
3分待ってもエサ丸残りです。

ヤベーよ!

激荒入りダンゴ10個を一斉斉射しやす。
これで活性は少し上がりましたが、それでも非常にサイレントなアタリ。
1時間ほど辛抱強く打ち返しますがダメです。

最後の賭けでイガイの上まきに移行。
すると最後の最後16:45頃でした。

ガジガジッ

アタリキターーーーーー。

チヌかマダイか判断してる暇はないです。

渾身の電撃!

乗りやした!

ただ、チヌでも鯛でもなさそうです。

上がってきたのは

2日目クーラー


30センチのイラでした。
なんとかかんとか完全試合は回避できやした。

アッポーさん寝顔

アッポーさん爆睡中です(笑)
帰り道(フェリーの中かな?)副会長が隠し撮りした画像こっそり頂きやした。
竿頭おめでとうございます!
また是非宜しくお願いします!

では~

下のバナーをそれぞれぽちっと押してください。



海釣り ブログランキングへ


にほんブログ村


Category: 釣り

コラボ釣り(中編)

| EDIT

紀のくに食事

実は今回の釣行前

副会長「ジャブさんの食事も用意しましたんで僕らの旅館で一杯やりましょう」
ワタクシ「マジすか!いや申し訳ないですぅ。」
(でも前から皆さんとスゲー飲みたかったです)

てことで
浜ダンさん御用達?の「紀の国」にお言葉に甘えてお邪魔させて頂きました。
翌日も釣行のため短い時間でしたが猥談に始まり釣り話少しまた猥談(笑)

・・・・

てっウソウソ。
殆ど釣り話でした。やはり釣好きが集まると自然とこうなるんすかねぇ。
まぁ猥談は次回担当の森田君にお願いしましょう。
てっびっくりしたのは皆さん森田君の話を結構してくれたこと。

森田~!

なんか知らんが注目されとるぞ。
釣りの腕前も早く追いついてくれ~!

てか写真の料理は一部です。多分1/3位です。
そして、一品一品の味も旨い。ちょっとした割烹料理屋クラスでした。
副会長、アッポーさんごちそうさまでした。
今度はワタクシにごちそうさせて下さい。

そして、楽しみなのは9月に浜ダンさんのホーム伊良湖にチヌ釣りに行かせていただくこと。
ワタクシも久しぶりに本気でチヌ狙おうと思います。
勘を取り戻すために事前にチヌ釣り場に行っときやす。

後編に続く....

では~

下のバナーをそれぞれぽちっと押してください。



海釣り ブログランキングへ


にほんブログ村


Category: 釣り

コラボ釣り(前篇)

| EDIT

2番60センチマダイ - コピー


最高気温の日本記録更新などマジ参る天気ですが、ワタクシ根性で頑張っております。
そしてそして先週末はかねてから

超楽しみ

にしてた浜ダンゴさんと釣りご一緒してきました!
めちゃ楽しかったです。
メンバーはワタクシと浜ダンゴ副会長さん、アッポーさんでした~。

2013年8月11日(日)am4:00 大内山エサ屋
ワタクシ「副会長!お久しぶりです。」
副会長「ジャブさん宜しくお願いします!」
アッポーさん「はじめまして。宜しくお願いします!」
アッポーさんとは初対面でしたがナイスガイでした。
今回もメインウェポンはイガイでそのほかボケやら激荒、オキアミなど
色々装備しやした。

am5:00 尾鷲ホームの乗り場
船長「おお来たな!赤潮なりそうで海況悪いけどまぁ頑張れよ!」
(また状況良くないのか~)
今回は最近多い3番筏です。
副会長には去年78センチマダイを仕留めた右角、ワタクシとアッポーさんは
陸向きに釣り座を構えました。
アッポーさんはダンゴ釣りをメイン、ワタクシはいつもの通りイガイメインで
釣り開始です。

1号錘で探りますが底付近でイガイにアタックしてくるのはないです。
試しにボケの落とし込みを数投敢行します。

コッコッコッ

サイレントなアタリが続き引き上げるとボケが無残な姿で残ってます。
ワタクシ「うわ~。状況最悪じゃん」

ここで糸錘を巻き巻きしスライダー釣法のさし方に変えます。

いざ!

サシエが自然なゆらゆらした形で落ちるのはいいですがイラつくほど
沈降スピードは遅いです。
思わずベント開け~急速潜航!って叫びたくなりやす。
そんなこんなで中層底から5ヒロ位上でしょうか?

ガジガジ!

来ました!これはチヌ系のアタリと確信!
ココは

電撃!でしょう!


ガツンとフッキング完了ですが軽いです。
上がってきたのはヘダイ殿でした。
中層で湧いてそうなイメージです。
メンドくせ~!
やはりヘダイの層を突破するにはある程度のスピードが必要そうです。
1号錘に戻し再スタート!

とここで100m前方の浜辺に家族連れの海水浴客が登場!
総勢7名位でワイワイガヤガヤやりだしてます。
同時にアタリもナッシング状況に陥ります.....

結局昼までその後なんもなかったす。
ワタクシ「あかん。2番に代るわ!」
船長「はぁ?3番は今一番熱い筏やのに放棄するんか?海水浴客なんか関係ないから気にするな」

・・・・

副会長「自分が残ります!」
結局ワタクシとアッポーさんが2番に移る決断。
先週は漁船のカゴ、今週は海水浴客まぁ影響あるかわかりませんが釣りはメンタル大事っす
からね。
てか、副会長!僕らだけ移って申し訳なかったす。でも自分が残るって言ってくれた時かっこよかった
です!

昼からなので先週と同じく通常の2倍のペースでイガイとダンゴをまきしらします。
イガイで落とし込みますが、

ちょんちょん!

ってアタリがきます。鯛かチヌかちょっと判断つきやせん。
ほっといたらイガイ取られました!

ワタクシ「アッポーさん!次の1投で仕留めます!」
アッポーさん「マジっすか?」
半信半疑みたいです。

アピールをちょいと高めるために少し大きめのイガイをつけます。
着底。

10秒、20秒・・・

久々に将棋の対局中のタイマー係のお姉さん登場です。
集中力がマックスに高まると登場しやす。
パチンコの激熱リーチみたいすね(笑)

コッコッ、キュンキュン

ウラーーーーーー

電撃が炸裂です。
鯛と確信!
船長のアドバイス押し切って2番に移った手前、釣らなかったら大変なことになるとプレッシャー
あったんで超慎重に寄せます。
最後はアッポーさんにすくってもらい捕獲完了!
45センチでした。

アッポーさん「お見事です!てかしびれました」
ワタクシ「取り敢えず移って正解したね」

その後アタリが一旦止まりますが、15:00頃

コッコッガン!

ひったくられました。
デカいっす。
てか先手取られたのでリール巻けないっす!
しゃーないのでポンピング使います。
アッポーさん口あんぐりです(笑)

3分程格闘して上がってきたのは本日最大の

60センチ!

先週と全く同じサイズっすね
元気良かっただけみたいです。(汗)

結局その後はアッポーさんがイトヨリ釣ったりして終了!
終日渋い状況でした。

船長「釣ったんか!まぁようやったな」
船長の奥さん「腕やね~」
ワタクシ「なんとかね~」

最終は

初日クーラー

こんな感じ。
ハギーノは前の釣り人が忘れてたスカリのを頂きやした。

今回の釣行記は長編になりそうです。中編に続く....

では~

下のバナーをそれぞれぽちっと押してください。



海釣り ブログランキングへ


にほんブログ村

Category: 釣り > 筏釣り

最終ラウンド起死回生のライトクロスカウンター!

| EDIT

森田54

今回の巻頭は弟子の森田君です。
とうとうやりました!

54センチ!

苦節半年で人生最大、生涯初のマダイ(4月に釣ったのはチャリコや!)捕獲達成です。
元ボクサーのワタクシが例えると最終ラウンドまで相手選手に高速ジャブで蜂の巣にされ
接近戦を挑むもフットワークで翻弄されガードを固め耐しのぎコーナーに追い詰められたところ
相手選手のフィニッシングブローの唯一大振りになった所で渾身のストレートカウンターを
見舞ったというトコでしょうか。
まぁ、よくやってくれました。
取り敢えず神谷活心流は卒業ですね(笑)

2013年8月3日(土)am5:00 ホーム尾鷲の筏

船長「若いの!今日は絶対絶対絶対釣らなあかんぞ!」
森田「頑張ります!」
船長「先週は師匠の彼女鯛2枚釣ったけど今日はちゃんと教えてもらわなあかんぞ!」
ワタクシ「・・・」
    (別に教える時、差つけてねーけどな)
今回は前回魔鯛を3回ばらした6番筏です。
まずはボケで落とし込み敢行しますが、活性は低しです。
細かーいアタリが続くだけです....
とここで1隻の漁船が近づいてきてなんか知りませんが仕掛けを次々に投入してます!
カゴ?

・・・・

まぁ、しゃーないと気にせずイガイ釣りに移行。
上まきして落とし込んでいきます。
しかーし
2時間やってアタリ1回もナッシング。

森田2番寝る

森田君、死亡!
まぁ思い起こせばこの時が最もやばかった時でしょうか?
ジャブ→右アッパー→左ボディ→左フック(某チャンピオンの得意コンビネーション)
4連打全て喰らいマットに沈んだというとこでしょうか?
まぁ影響ないかあるかわかりませんが、漁船のカゴ?影響したのかも知れません。
いやいやまぁこういうのは精神的なモンですね。
釣りはメンタル面マジ大事ですから。

ここでワタクシ大きな決断。
船長に電話。
ワタクシ「アカン。筏移るわ。他、何処空いてる?」
船長「今日はほぼ満員御礼で2番だけやで!」
2番かぁ...ホームの2番はタナが日によって全く違うため当たり外れが大きくもっとも
難しい筏です。最近も殆ど乗ってないみたいです。
ワタクシ「了解!2番行ってみるわ」

午後からのスタートなのでとにかくダンゴとイガイを通常の2倍のペースでまきちらします。
まずは魚を寄せることが先決です。
森田君はボケをメイン。ワタクシはイガイをメインで落とし込みます。
1時間程たったころでしょうか?

ガジガジッ

穂先に感アリです。
そのまま少し送り込みます。

ガンッ!

来ました!来ました!
やり取り開始です。俺流?で浮かせにかかります。
かの大打者。落合博満もロッテ入団当初、有名な神主打法をコーチに全否定されても信念を曲げなかった。
ワタクシも今同じ心境です。

マダイ60センチ

ジャスト60センチ捕獲!


森田君「師匠、流石っすね!」
ワタクシ「筏移って正解やったな!チャンスやから頑張れ!全層を探れよ」

それからしばらく沈黙が続きましたが、
森田君きました!

桜伊勢がいいしなりを見せてます。
ワタクシ「とにかく何があってもテンションをかけ続けろよ!」
    「テンション抜けたときが終わりや!」
森田君「・・・」
必死です。ただ指示したことは出来てます。
ゆっくりと魚影が見えました。
最後はワタクシの苦手な人の釣った魚のタモ入れです。
なんとか成功。
(いやマジで緊張しやした。いつまでたっても人のタモ入れだけは慣れません)

森田君「超嬉しいです!」
ワタクシ「よかったな!」
練り餌で落とし込んで着底後、上に1ヒロ程度巻いたところできたらしいです。
まさに大逆転!
KO勝利といってよい出来でしょう。

森田君その後中層でボケで落とし込みの最中に2枚追加し終了。

ネコザメ - コピー

ワタクシはネコちゃん追加で終了しました(悲)
てか、途中から6番筏で底取った時のラインマークで釣りしてました。
完全な初歩的なミス!面目ない。

最終は

20130803クーラー

こんな感じ。
船長「とうとうやったな!若いの。上等なマダイや」
森田君「はい。いつもご指導いただきありがとうございます」
ワタクシ「まぁ、俺というコーチがええからな(先週と同じこと言ってます笑)」
この日も赤潮の一歩手前って感じで全体的には状況あんまし良くなかったです。
チョロッと海が荒れてくれると良いのですが...


ワタクシ マダイ 60センチ
     ベラ  25センチ
     ネコザメ 70センチ

森田君  マダイ 54センチ頭に×3
     キス  20センチ
     雑魚  2匹

では~

下のバナーをそれぞれぽちっと押してください。



海釣り ブログランキングへ


にほんブログ村



Category: 釣り > 筏釣り
↑