2016夏休み(3日目4日目)

| EDIT

台風16号空けの水曜日はIさんの㊙スポットにまたまた単独釣り行きです。

2016年9月21日
船頭さん「なんか凄い来てるね」
ワタクシ「夏休みでこっち帰ってきてるからねぇ」
ああと妙に納得されてました笑

さてさて、実釣開始です。
前回の釣行でコチラの攻略の糸口は掴みました。
どちらかというと縦の釣りというより面を意識して流していった方が
良い気がしてます。
1日の釣りで何回か潮変わりがあると思いますが、それぞれの潮筋
で水深のどの辺かは流してみなくてわかりませんがヨレがあるはず。
勝負はそこまでまきえを届け喰わすという作戦です。

台風の影響で水面は真っ白ですが恐らくまだ中層より底は大丈夫なはずと信じて
打ち返します。
9時ごろボラとは違う節のあるアタリ!
反射的にアワセを入れると鯛系の引き!
期待しますが上がってきたのはキビレ。

(やっぱし水潮の影響あるなぁ。普通台風空けは水潮より海水拡散されて酸素
がいきわたるから活性上がるはずなんやけどなぁ)

その後3連発でキビレかけました汗
11時ごろ
めげずに潮に乗せて流していると
かっかっと前アタリのあと

ドン!

きたきた~
でもあんまし大したことない。
余裕のやり取りで上がってきたのは
51センチ全体 - コピー

51センチ拡大 - コピー

51センチの天然マダイ!

ここから時合到来かと思いましたが続かず。
そこから同サイズのマダイかけるのに2時間はかかりました。

結局時合らしい時合はなく
最終は

20160921クーラー - コピー

こういう感じに終わりました。

でっ4日目ですが

森田 - コピー

久々登場の森田君!
ぎりぎりまで仕事の関係で来れるかわかりませんでしたがなんとか来れました。
でっ森田君がここまでのワタクシの釣果などを勘案した結果選んだ戦場は三木浦
のカセ。1発大物を目指して決断しました。
Mちゃん。せっかく休み作ってくれたのに一緒出来ず申し訳なかったです。

でっいざと行きたいですが
森田君日頃の行いが悪いせいか朝からドシャ降りの雨。
多分1時間当たり10mm以上は降ってたと思います汗

絶望感満載のなかカセに乗船しなんとか釣り座の整備も完了し状況チェック。
またまた絶望感満載汗
表層にサバ、豆アジが群れまくってます。
軽い仕掛けだと瞬殺です。
しゃーないので団子職人森田君に団子量産を指示。
さすがに長年一緒に行ってるので多分ワタクシが中切りを今日はやるやろとそれようの
団子に仕上げてくれました。

しかーし甘くはないです。
水深40m超ある釣り場ですが、底から10m付近までサバが回遊する始末。
うーん理由はわかりませんが台風で海水が攪拌されサバの活性上がったんすかね?
しかも底はゴンズイの嵐。

森田実釣 - コピー

森田君すでにやる気なくして限りなく適当になってるし......

12時ごろまで中切りを展開しますが状況は変わらず。周りの常連も誰一人釣ってません。

(しゃーない。ゴンズイがおろうが関係ない。底にステージ作るか。)

14時ごろ
それは突然やってきました。
がちがちに固めただんごに底で

ガンガンゴン!

ボラとは明らかに違うだんご当たり!
これは伝説の約束の時(マダイのだんご当たり)じゃん!
サシエがオキアミならだんごが抜ける前に電撃入れますが
ボケなのでがまん。
割れた瞬間。

どきゅん
結構な引きですが.....
しかーし。鯛とは少し違う引き味。
3分後上がってきたのは
なんと

40upのイシダイ!

すぐさまだんごを打ちに次に備えますが、単発で終わってしまいやした。

森田君がそのあとチャリコを釣り上げそのまま終了となりました。

帰りのクルマ。
森田君「師匠!当会はマダイ1匹最長寸なんでボクの勝ちっすね1」
ワタクシ「・・・・・・」
(そんなんで勝って嬉しいのか?)
でもなんにせよ正直ちょいと悔しかったです。
森田君!次は80upの魔鯛で勝負な!

最終は
20160922クーラー - コピー

あっというまの夏休みでちょいと寂しいですが、出来れば年内にもう一回位は行きたいです。

では~

下のバナーをぽちっと押してください。



にほんブログ村





Category: 釣り

2016夏休み(1日目2日目)

| EDIT

2016091966せんち - コピー

先週の奇跡の大会優勝から1週間。ちょいと遅めの夏休みを取り行ってきました。
巻頭は2日目にあげた

魔鯛の子供66センチ!

1日目はIさんと弟子のM野くんとの釣り行きです。
今回はIさんが前々かから目をつけていた引本湾の某渡船屋さんです。

2016年9月18日
M野君「今日は宜しくおねがいします!」
なんか知りませんが緊張気味です。
Iさんの好意で筏で1番本命ポイントをM野君に譲りワタクシとIさんにサンドウィッチ状態
になったので余計だったのかもしれませんね。

でっ実釣と行きたいのですが、この日はあいにくの雨。しかも結構な量降ってました。
大の雨降り嫌いのワタクシ。
もうこの時点で半分やる気そがれてますした。

前納君 - コピー

M野君はパラソル差したらアワセが気になるとのことで終日雨に打たれて釣りしてました。
すげー根性。ワタクシは真似できません笑

現場ですが水深は20mジャストと紀東では標準的な深さだと思います。
潮も特にクセはなく非常に釣りやすい筏ではないでしょうか。
がっしかしこの日は水潮の影響?なんか理由はわかりませんが通称麦めし
が乱舞してました。コイツが出ると明らかに状況は悪いです。

ワタクシ「またGT(むぎめし)やぁ」
M野君「GTちゃいますよぉ。」
このやり取り何回したことか笑。ジグやルアー釣りが得意はM野君はどうしても
GTと呼ぶに抵抗あるみたいですWWW

活性を上げるためにまきえをまき散らします。
すると事態は更に悪化。ボラが寄ったまでは良かったですが完全に狂わしたのか
底から中層までボラボラボラ。中層10m上まで食いあげる始末。
ワタクシの秘儀シュルではもはや回避の方法なく何本も釣りあげてしまいやした。
面目ない。

でっ午前中にワタクシ2枚ちびマダイ。
いずれもオキアミでした。

でっ午前中に唯一最大のドラマが。
M野君渾身の魔鯛を掛けました!
やり取り開始。結構な引きを強引に止めにかかります。
(正面は障害物ないので行かせばいいのですが)
必死に耐える。耐える耐えるぅ。

5分後ふっ......

(やっちまったか。)
ワタクシ「今のは行かせたら良かったかもな」
M野君「...............」
かなりショックでかかったみたいです。
あとから聞きましたがIさん必死に笑いこらえてそうです。
やり取りがワタクシそっくりで師匠の真似しとるわと。
かわいいやんけとのことです。
Mちゃん!
わかってる思うけどワタクシの上げ方は磯釣り仕込みの独特の
上げ方です。真似してもいいけど別にこだわらんでええよ。
自分に適した上げ方を確立してね

20160618クーラー - コピー

初日最終はこの始末。3人でマダイ7匹でした。

2016年9月19日
2日目
前日の敵(かたき)討ちではないですが単独での釣り行きです。
朝一練り餌でモーニングを狙いますが、ボラボラボラ。
前日のまきえにまだ喰いあさってるようです汗

しばらくモーニングで粘りますが.....
あかんこのままではだめや。
ここで意を決し釣り方変更を決断。潮は殆ど動いていませんが時折
よわーい筋は出てます。
フカセ釣りの要領でどんどん流していきます。
1時間ほどやった10時頃でしょうか。

かっかっと節のある前アタリ。
ここで電撃いきたいですが、なんとかがまん
(この間0.5秒位で感覚的に判断してます)
次の瞬間ぐぅーという本当たりで

電撃!

乗りやした。
大したことないですが60upは確信の引き。
いつもは基本的にラインを出さないワタクシですが、この日も雨でスプールが滑るし
走る方向が良かったので前に走らせました。
でっ3分後上がったのは

66せんち全体 - コピー

66センチ拡大 - コピー

きれいな天然マダイでした~
今年は殆ど釣ってませんが、これぞ東紀州の鯛というきれいな魚体でした~。

最終は

20160919 - コピー

こんな感じでした。
Iさん。
大会とは別で久々に竿出せて楽しかったです。また年内もう1回位はいきましょうね。
Mちゃん。
これから多分魔鯛道には色々な壁にぶち当たると思うけど是非頑張って下さい。
ワタクシは基本的に弟子からの質問には答えますがあまりつべこべ自分から教え込みません。
何故ならこの釣りは特に正解がない釣りやからです。
自分の釣り方よりたぶんもっと良い釣り方あるしMちゃんなりのマイスタイルを是非確立してください。
あっそんなん言ってますがジギングシーズン始まったらまた教えてくださいね。ジグ師匠!笑


では~

下のバナーをぽちっと押してください。



にほんブログ村

Category: 釣り

祝裏モンスターハンター大会優勝

| EDIT



大会出場がほぼ不可能でありましたが色々な
大人の事情も絡み出場となりました。
あっまず今まで仕事の関係で顔出しNGでしたが
4月の異動でほぼ大丈夫だと思われますので
遂に解禁です。
といってもほぼほぼバレてたでしょうが…笑

前日近所の居酒屋
Iさん「久々やなぁ。元気してたんか?」
ワタクシ「仕事めっちゃしんどいし、関東の筏には魔鯛おらんしで…」
Iさん「………。まぁ明日は楽しんだらえええやん」
とここで最近の引本のアドバイスを頂く。中層というよりも底から2-3mがほぼヒットゾーンとのこと。
これはかなり重要な情報です。落とし込みといっても毎回全ての全層にフルマックスで集中力を保つのは不可能です。普通は朝一のモーニングでエサとりや海の情報を出来るだけ取得し大体のアタリの棚を特に集中してやるのがワタクシの常です。
とっこんな感じで楽しい飲みが続き途中K会長からのIさん出場要請でまさかのIさん参戦が決まる(ホントに有難うございました。しかも結局ご馳走にまでなりまして)などドラスティックな展開となりやした。

9月11日

K会長の開会挨拶、ルール(とにかくマダイかチヌの長いもん勝ち)

説明のあと釣り座の抽選。ワタクシは深場の奥から2番目の小割になりましたがそもそも今シーズンは全く行けてないので良いのかわるいのかもわかりましぇん。

まぁ当日は若潮ということもあり少しでも潮の流れを期待して外向きに釣り座を構えてスタートです。

30分程ヤワイエサで状況チェックしますが底付近でよわーいアタリか少し出る程度です。あっもちろん寄せ負けしないようにマキエはいつもの倍のペースで撒き散らしてますよ

午前中11時頃だったような

ここまで落とし込みを中心でやってますが明確なアタリはございません。とっここで底から3m付近でライン停止。一応電撃。

ズドン!リール巻けない。はぁ?

首ふる感じは鯛やけど…なんか変。

周りは「右往左往しとる。ボラやろ」

(イヤイヤボラはここまで引かへん)

でっ5分後

上がったは

74センチのワラサ!

最後はk会長にタモ入れお願いしました。有難うございます。

正直乳酸パンパンでした汗。少々筋トレせねば

その後大きな決断。

ここまでを総合的に分析した結果時合と思われる午前中に極端にアタリが少なかったので釣り座変更です。チヌ狙いに切り替えます。

だんごも混ぜ混ぜ(パワーだんご+メガミックス+粗びきサナギ)

エサもオキアミやサナギをローテーションしたまに練り餌です。

ボラがガンガンでそこらじゅうで皆さんヒットしてることを踏まえ30センチハワセます。

13時頃だったような

よわーいですが節のあるチヌ独特のアタリ!

電撃!

向かいの方昼メシ中にビックリさせてすんません笑

ただ、午前中のワラサが凄すぎてウーンボラか?

結構な雑な上げ方で浮上したのは

55センチの本命!

やったぜ

(今日はもらったかわくわく)

とっ

Iさん掛けてる。

獲物は本命チヌ49センチ!

やべー忘れていた。この人元々生粋のチヌ師やった怖

そっから怒涛の3連発。

今だから言えますが正直ヒヤヒヤでした💦

そこからは夕方の時合まで気を引き締めて頑張りましたが

結局掛けることが出来ず…

でもボラがあそこまで居たということは必ずチヌもいたはず。

大概は行動を共にしてますからね。

次回機会があればやったろうと思います。

今回、三重チヌ望会、友鱗会、かつき会、がまテスターSさん、毎度Iさん、Yさんなどホントに凄腕の方々とご一緒出来て楽しかったです。

今回たまたまこういう結果になっていいのかなって感じもありますけど素直にうれしいですしこれからも色んな釣り場に出掛けて精進しようと思います。釣り場で会ったら皆さんまた宜しくお願いします。

商品まで頂きました!

商品券、渡船無料券、高級日本酒(ワタクシは無類の日本酒好きです)

有難うございます!

では~ 下のバナーをぽちっとお願いします。


にほんブログ村

Category: 釣り
↑