ワタクシ流ヘ鯛のかわし方?

| EDIT

最終戦

いや~寒いっすね。
ご無沙汰しとります。
最近は色々と忙しく全く釣りに行けてません(悲)

そーいえばですが、いつぞやにヘダイ対策を記事にすると言ってましたが
いっこうに......と苦言を頂きましたので書きます。
シーズンも一服して今更ながらですがどうかお許しください。
それからあくまでワタクシ流です。どうかよろしくお願いします。

まずヘダイについてですが、
基本的に

最強の魚!

とワタクシは思っています。
マダイよりもチヌよりも強いです。
なんでワタクシは状況にもよりますがヘダイがある程度釣れた日は本命の
数釣りは潔く諦めます。←そんな弱気でいいんかい!

なんで型狙いに変えます。
ではその狙い方ですが.......

基本的には中途半端なことはしません。
べた底か4ヒロ以上上を狙います。
どちらかというとワタクシは上の方が多いすね。
ヘダイというのは非常に縄張り意識が強い魚です。
自分が居ついた場所から最低でも3m程度のエリアに入ってきた
魚はチヌだろうがマダイだろうが構わず蹴散らします。
それも何十匹、何百匹と大群でくれば蹴散らすエリアは広大なんです。
では、どうするか?
ヘダイの縄張りの外あるいはヘダイが見落とすエリアで釣ればいいだけです。
ダンゴやマキエを打っているエリアでヘダイは我がもの顔でむさぼっているでしょうが
本命もそのエリアの外に必ず寄ってます。
ワタクシはヘダイ対策の場合大抵は縦の釣りを意識しています。
ヘダイのアタリが出なくなるまで上を意識してつります。
アタリの数は減りますが上でひたすら待つ釣りに変えます。
まぁこういう状況ですと数は期待できませんが釣れれば往々にして型は良いことが多いです。
(釣れればです汗)
ちなみにこの戦法はマダイとチヌ両方に有効です。

ではもう一方の戦法べた底ですが....
筏釣りの場合どうしても底中心に釣りを展開したいという方いらっしゃると思います。
ワタクシはこれ間違いじゃないと思います。
だってダンゴやマキエは基本的には底に溜まるわけですからね。
大型が寄ったゴールデンタイムがくると信じる前提でしたら全然ありの戦法です。
この場合ですが、
ワタクシは基本的に3号のフリーシンカーで底でじっと待機です。
浮かしたら最期、ヘダイに瞬殺です。
誘いを入れたとしても上には決して上げず横にちょろっとずらすだけです。
それからもうひとつ気を付けるのはダンゴと貝系の上まきのポイントを
明確に横に別けることです。
ヘダイはアケミ貝やイガイがめっちゃ大好きです。
なんで貝を打つ場合はポイントを一か所に固めないとヘダイの縄張りが拡散すること
に繋がります。

以上が大まかななワタクシ流ヘダイ対策です。
重要なのは縦なのか面なのかを決めて中途半端でなく徹することだと思ってます。
ホントに良かったらですがお試しいただければと存じます。

12月と言えば毎年ヤツとの戦いのシーズンですが今年はまだ行けてません(涙)
1回位はなんとかして行きたいです。

では~

下のバナーをそれぞれぽちっと押してください。



海釣り ブログランキングへ


にほんブログ村




Category: 釣り

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑