天秤釣りと完全フカセ釣り

| EDIT

一発カゴ

完全フカセ釣りは関東ではNS釣りとかいいますね。
ワタクシは育ちは関西や中国、四国なので完全フカセの方がしっくりきます(笑)

まぁ、この釣り方ですがもともとは船釣りっすよね。
言うならば、天秤釣りは目的のタナまでビシ(カゴ)の重さで一気に沈めてコマセを撒く流派でいうと北斗。
一方、完全フカセはマキエを上撒きしてサシエは錘などを極力つけず同調させながら目的のタナに届ける
南斗といったところでしょうか?

それぞれに一長一短はあると思います。
北斗(天秤釣り)
長所:ビシ(カゴ)の重さがあるため潮の影響をある程度消せる。
   タナ到達までが早いため手返しが良い。
短所:ビシからコマセが出るため同調の時間を長くとるためにはどうしてもハリスは長めになりがち。
   糸がらみや海中でのハリスのイメージが難しい。

南斗(完全フカセ釣り)
長所:錘を一切付けず基本的にはフロロの通しのため自然な形でマダイにアピールできる。
短所:錘をつけないことで目的のタナまでの到達に非常に時間がかかる。手返しが悪い。
   コマセは上撒きのためある程度の量が必要。
   潮が速い場合はどうしても仕掛けが浮き上がってしまう。

まだまだ色々あると思いますがワタクシが思うにざっとこんな感じです。
船釣りと言いましたが、南紀州ではかせ釣りから普通にこれをやってます
(じゃー最初からそう言え!ですよね。汗)

写真は自作の一発カゴです。
カゴ釣りやる際用に作ったものですが、鉛を溶かして成形するため自分の好きな重さにできます。
トータルで15g位にして筏竿に搭載出来るようカスタムしました。
これステンレスパイプをパイプカッターで切ったり、ハンダ付けしたりと結構大変で仕事しながらだと
1週間で2個位しか作れないっす(涙)
作り方はコメント欄にリクエストかなんかがあれば今後アップするかもです(笑)

今週末の釣りですが、今回は北斗と南斗のみでやろうと思います。
ダンゴ釣りなど筏のテクニックは封印し貫徹致します。
ボウズの可能性もありかなり怖いですがどちらの流派に軍配があがるか試したいと思います。

目指せ伝承者!

すかね。
まぁ、せいぜい死兆星をみてボウズにならないように頑張りたいとおもいます!
では~

下のバナーをそれぞれぽちっと押してください。


釣り・フィッシング ブログランキングへ


海釣り ブログランキングへ


にほんブログ村



Category: 釣り > 道具

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑