魔鯛よ永遠に.....

| EDIT

20151221針折れ

この写真どういうことか分かりますよね!
なんと5分格闘の後、最期は針ぶち折られました。
チヌバリの6号ですよ!
やはり魔鯛はすごいです。人智を超えた素晴らしいファイトを見せてくれます。

では、早速週末を振り返ります。
2015年12月某日
この日は、名人Iさんとまたまた釣行です。
たまには気分転換ということで尾鷲の岩本渡船さんに初出撃です。
今回は前回ヒラメで悔しい想いをしたので、なんとIさん秘伝のヒラメ仕掛けを
用意して頂きました。
Iさんいつも有難うございます。奥義を惜しげもなく伝授頂いております。

でっ釣り開始!
活性低っ!!!(汗)

8:00頃。アオイソで底付近でもぞっ
ホンマにアタリ細かいです。

とりゃっ!

と上がってきたのはチャーリー。
飲んでたんでありがたくキープ。
その後9:00頃。

ぶぅん!

Iさんの愛竿が唸る。しかし止まらない。
3分後。

Iさん「青もんや~。めっちゃ悔しいわ~」

走った方向がほぼ真下やったんでさしものIさんでも無理でした。

一方、ヒラメの置き竿は12:00頃にIさんがエソをつりあげその後は
し~~ん。
そのまま納竿となりやした。

20151220クーラー

最終は........
以上!です。やはりこの時期はちょっとしたことでこんな感じになっちゃやすね。

でっ翌日は単独で初出撃の海野井谷水産さんです。
am6:00頃



Iさん「船着わからんやろ?」
ワタクシ「そうなんすよ~。電話有難うございます」
Iさん仕事日なのにわざわざ電話頂きました。
ホンマに親切です。

でっなんとか実釣開始!

2015井谷水産

がっ釣り初めて30分でどしゃ降りの雨。
戦意喪失しそうになりましたが、8:00頃。
落とし込みにかなり上層(上から10m以内)でヒット。

すぐに青物と確信。
マダイとは違う戦闘機のようなシャープな引きがすさまじいです。
竿は根元から曲がってます。
出しては巻きを繰り返します。途中わざとのされ気味にしてガイドの摩擦熱を海水で冷やします。
ホンマに煙でそうな勢いですからね(笑)

でっ15分後。
80-90ありそうな立派なブリ登場。
しかし最期の最期タモ取りに行った時ちょろっとテンション緩みぐるっとカセを1回転されロープに巻かれ
グッバイでした。

足腰・腕慢心創痍で1時間放心状態。
冷たい雨が身に沁みます。

ですが気を取り直しマダイ釣りを再開!
底は底潮が冷たくやはり中層を意識して落とし込みをやります。

すると昼過ぎにパタパタっと50センチ位のマダイがヒットしました。
ここ井谷水産さんは外洋のカセなんでホンマに魚がよう引きます。
60オーバー位の引きなんですが上がってくると小さくあれっ?な感じです。

16:00頃。
落とし込み。
そこから2m上付近。

カッ

前アタリです。
反射的に身構える。
次の瞬間モタレと同時に渾身のアワセ!

引きが青物でなく魔鯛と確信。
ロープのある沖に向かう為、強引に止めにかかる。
それでもラインをじりじり出していく。
引本なら80オーバーの引きです。

がっ5分後。

無情にもテンション抜けました。
午前中の青物でロープの位置は全て把握し安全地帯に誘導したはずやのにあれって感じでしたが、
仕掛け回収して納得。
初めて6号針折られましたわ。
正直びっくりです。
もうちょい出してやるか、横に走らせず更に強引にいくべきだったんでしょうね。

次こそは。

最終は

20151221クーラー

マダイ50頭に×5枚でした。(1枚リリース)
まぁ久々にマダイ釣ったんで良かったです。
最近紀州ヒラメ戦記なんて言い出してる人いましたから(笑)

では~

下のバナーをそれぞれぽちっと押してください。



海釣り ブログランキングへ


にほんブログ村



Category: 釣り

COMMENT

昨日はお疲れ様でございました!
しかし、コンディション悪かったっすねぇ〜(~_~;)

6号針を折るってどんなモンスターやったのか!それを考えただけで、ドキドキしますね^o^
僕もそんなのを釣りたいです!
是非、ご教授お願いします‼︎

また、釣果教えてくださいね^_^

Mr.MISSION #- | 2015.12.25(Fri) 23:51 | URL | EDIT

MISSION君

初コメありがとうございます。
昨日のジギングは前回より状況はマシでしたがまたしても
バイトすらなく........

修行あるのみですね。

来年シーズンインしたら是非筏釣りにも行きましょう。

その前にジギング教えて下さいね(笑)

じゃぶ #- | 2015.12.27(Sun) 11:07 | URL | EDIT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑