2016夏休み(3日目4日目)

| EDIT

台風16号空けの水曜日はIさんの㊙スポットにまたまた単独釣り行きです。

2016年9月21日
船頭さん「なんか凄い来てるね」
ワタクシ「夏休みでこっち帰ってきてるからねぇ」
ああと妙に納得されてました笑

さてさて、実釣開始です。
前回の釣行でコチラの攻略の糸口は掴みました。
どちらかというと縦の釣りというより面を意識して流していった方が
良い気がしてます。
1日の釣りで何回か潮変わりがあると思いますが、それぞれの潮筋
で水深のどの辺かは流してみなくてわかりませんがヨレがあるはず。
勝負はそこまでまきえを届け喰わすという作戦です。

台風の影響で水面は真っ白ですが恐らくまだ中層より底は大丈夫なはずと信じて
打ち返します。
9時ごろボラとは違う節のあるアタリ!
反射的にアワセを入れると鯛系の引き!
期待しますが上がってきたのはキビレ。

(やっぱし水潮の影響あるなぁ。普通台風空けは水潮より海水拡散されて酸素
がいきわたるから活性上がるはずなんやけどなぁ)

その後3連発でキビレかけました汗
11時ごろ
めげずに潮に乗せて流していると
かっかっと前アタリのあと

ドン!

きたきた~
でもあんまし大したことない。
余裕のやり取りで上がってきたのは
51センチ全体 - コピー

51センチ拡大 - コピー

51センチの天然マダイ!

ここから時合到来かと思いましたが続かず。
そこから同サイズのマダイかけるのに2時間はかかりました。

結局時合らしい時合はなく
最終は

20160921クーラー - コピー

こういう感じに終わりました。

でっ4日目ですが

森田 - コピー

久々登場の森田君!
ぎりぎりまで仕事の関係で来れるかわかりませんでしたがなんとか来れました。
でっ森田君がここまでのワタクシの釣果などを勘案した結果選んだ戦場は三木浦
のカセ。1発大物を目指して決断しました。
Mちゃん。せっかく休み作ってくれたのに一緒出来ず申し訳なかったです。

でっいざと行きたいですが
森田君日頃の行いが悪いせいか朝からドシャ降りの雨。
多分1時間当たり10mm以上は降ってたと思います汗

絶望感満載のなかカセに乗船しなんとか釣り座の整備も完了し状況チェック。
またまた絶望感満載汗
表層にサバ、豆アジが群れまくってます。
軽い仕掛けだと瞬殺です。
しゃーないので団子職人森田君に団子量産を指示。
さすがに長年一緒に行ってるので多分ワタクシが中切りを今日はやるやろとそれようの
団子に仕上げてくれました。

しかーし甘くはないです。
水深40m超ある釣り場ですが、底から10m付近までサバが回遊する始末。
うーん理由はわかりませんが台風で海水が攪拌されサバの活性上がったんすかね?
しかも底はゴンズイの嵐。

森田実釣 - コピー

森田君すでにやる気なくして限りなく適当になってるし......

12時ごろまで中切りを展開しますが状況は変わらず。周りの常連も誰一人釣ってません。

(しゃーない。ゴンズイがおろうが関係ない。底にステージ作るか。)

14時ごろ
それは突然やってきました。
がちがちに固めただんごに底で

ガンガンゴン!

ボラとは明らかに違うだんご当たり!
これは伝説の約束の時(マダイのだんご当たり)じゃん!
サシエがオキアミならだんごが抜ける前に電撃入れますが
ボケなのでがまん。
割れた瞬間。

どきゅん
結構な引きですが.....
しかーし。鯛とは少し違う引き味。
3分後上がってきたのは
なんと

40upのイシダイ!

すぐさまだんごを打ちに次に備えますが、単発で終わってしまいやした。

森田君がそのあとチャリコを釣り上げそのまま終了となりました。

帰りのクルマ。
森田君「師匠!当会はマダイ1匹最長寸なんでボクの勝ちっすね1」
ワタクシ「・・・・・・」
(そんなんで勝って嬉しいのか?)
でもなんにせよ正直ちょいと悔しかったです。
森田君!次は80upの魔鯛で勝負な!

最終は
20160922クーラー - コピー

あっというまの夏休みでちょいと寂しいですが、出来れば年内にもう一回位は行きたいです。

では~

下のバナーをぽちっと押してください。



にほんブログ村





Category: 釣り

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑