2016飯岡沖海戦(ヒラメ戦)

| EDIT

夏休みもあっという間に終わり、さてどうするか状態でしたが、サラリーマンといえばこの時期4月、6月に続き異動の季節。

今回も異動する社員がいましたのでたまにはということで送別会ようにヒラメ調達してきました。

とっいっても関東では全くヒラメ釣りなんかしたことないので

釣具屋のアンちゃんに釣宿紹介してもらったりたりと結構

大変でした汗。

2016年10月2日0時頃

千葉飯岡の幸丸

いるわいるわ。出船4時なんすけどね汗。

事前情報で先に釣り座取るスタイルなんで早めに行ったほうが良いとのことでしたので…

なんとかいつものトモ寄りを確保。

4時

出船

1時間程全速力で沖に走ります。

でっ現場到着っと

今回もいつもと同じで

ロッド:極鋭AGS

リール:リョウガ

PE1.5号

です。

いざっ

っと船は鳥羽と違い横流しなんすね汗。

これが慣れなくて最初の1時間はアタリ取れませんでした。

ですがすぐに慣れ来た来た~!

最初のは50センチ弱くらいでなんなくタモ入れ成功。

取り敢えずお土産確保出来て良かったと一安心です。

8時頃

根周りを流しているとがっがっと特有のアタリ。

ただその後はうんともすんとも云わなくなりましたが

こういうのがデカいやつなんです。

ここはぐっと我慢ししばらくすると

ずぼっ!

思わず電撃いきたくなりますが、聞きアワセすると

結構な重量感ありやす。

流石にポンピングして上がったのは

3.8キロ!

聞くと関東はセンチでなくキロらしいです。

その後は潮が止まり活性はがた落ち。

根性で2枚追加しました。

最終はこんな感じ。

ウーンもうちょい伸ばしたかったですね。

Category: 釣り

COMMENT

「シュル」って?

 こんにちは。初めて書き込みさせていただきます。私、釣り歴は長いですが筏釣りは始めて数年のほぼ素人です。よろしくお願いします。
 ブログ、毎回楽しみに読ませていただいています。今回はヒラメですが、相変わらずきちんと結果出していますね。さすがです。
 このブログには大変お世話になっています。というのは4年ほど前ですが、ボラ釣りの友人と共に郁義丸さんに乗ったことがありました。私は「タイ釣れんかなあ。」と長竿で紀州釣りのようにやっていたのですが、丸ボーズ。近くの人がイガイで86cmとか釣っていまして、これではいかんと「筏のマダイ釣り」を検索して出会ったのがこのブログです。一から2回ほど読み、筏からのマダイ釣りをちょっとイメージできた感じで再挑戦、その年、80cmを頭に計3枚の70cmオーバーをあげることができました。全くおかげさまです。ありがとうございました。
 昔話が長くなってしまいました。すみません。今回書き込みさせていただいたのは質問が2つほどあるからです。
①一木さんのブログの中のジャブさんのコメント「シュルを信じる物は救われる。」ですが、私にはさっぱり意味がつかめません。少し解説していただけませんか?
②先週の金曜日、(おそらく)M野さんと引本の某筏でごいっしょしました。聞かれたと思いますが、その日は、一日中潮が動かず活性も低く、潮焼きサイズが3枚(おそらくマダイであろうと思う押さえ込みが他に2回)の低釣果に終わりました。この「潮が動かず活性も低い」状態、ジャブさんならどのようにアプローチしますか?
長々と書いてしまい申しわけありませんでした。もしお時間がありましたら教えていただければ幸いです。よろしくお願いします。

ayutaro #- | 2016.10.20(Thu) 10:07 | URL | EDIT

鮎太郎さん

はじめまして。
当ブログをご贔屓にして頂きまして大変ありがとうございます。
Mちゃんから聞いております。先週は厳しかったみたいですね。
まずシュルについてですがこれはワタクシの奥義の一つでして
もともとこれを命名したのは一木氏です。
ようは完全フカセに近い状態なんですが穂先でアタリを取らずに
ラインがシュルっと入るあるいはスプールの変化でアタリを取る
ことからこの名称になりました。
ワタクシは元々磯釣り出身なんですが紀東の磯は足元から
40m超水深があり厳寒期なんかはまきえを打てども魚が浮いてこず
落とし鉛でウキごとどんどん沈めるあるいはハリスを多く取りラインごと
どんどんウキごと沈める釣りを多用します。
まぁその応用というか派生のようなことから生まれた釣り方です。
2番目のご質問ですがこれは難しいっすね汗!
ワタクシもIさんのご紹介でこの釣り場はまだ3回位しか行ってないんすよ。
記事にも書きましたがどちらかいうと面を意識し流していったほうが
良い釣り場におもえます。
ただ、これもご存じと思いますが引本湾の隣の湾とかだと1.5号位のオモリで
ある程度スピードを付けて落し込んだ方が良い場合もあるのでもう少し
実釣で検証してみる必要があります。
Mちゃんもこれから通うと思いますのでまた色々聞いてみてください。

じゃぶ #- | 2016.10.20(Thu) 17:03 | URL | EDIT

 さっそくご返答いただきまして、ありがとうございます。
 シュルについてよくわかりました。私も磯のグレ釣りでは軽いおもり・あるいは完全フカセでウキを沈ませて釣ることがほとんどでしたので。今、スピニングタックル・PEラインでおもりなしか重くても2Bくらいまでで落とし込んでラインで当たりがとれないか、と実験したりするのですが、よく似た感じですかね?PEライン、軽くて吹けるのですが、逆にその軽さを利用できないか考えたりします。
 1.5号おもりですが、その発想はありませんでした。食い気がないのでできるだけ軽く抵抗なくふかせて・・・、ということばかり考えていました。魚が動かないならこちらが動いてリアクションで食わすということでしょうか。 この辺りは、グレ釣りの長さが邪魔をしているのだと思います。そのときの海の状況で使える仕掛けの中でできるだけ軽い仕掛けを選択するのが基本だと思っていましたから。なかなか1号おもりくらいになると抵抗があるんです。これから、意識的に使ってみることにします。
 時々ですが引本の筏には出かけますので、釣り場でお会いするようなことがありましたらよろしくお願いします。 

ayutaro #- | 2016.10.21(Fri) 09:29 | URL | EDIT

21日 沖カセ予約入っとたくったし 21日、22日と同じ場所で 泊まり、ご飯付きで予約したよ!

ヨロシクね🎵

一木 #- | 2016.10.30(Sun) 10:13 | URL | EDIT

20日と21日は難しいっすか?
22日に帰らないとかもなんすよ汗。

じゃぶ #- | 2016.10.30(Sun) 19:23 | URL | EDIT

え〜〜!Wちゃんの都合に合わせて無理矢理20日に仕事入れて22日休みにしたのにぃ💨

まぁ仕事やからしゃないけど もう少し早く言ってほしかったわ。

時期的に今シーズン最後の大鯛釣りになりそうやし カセもええ場所予約できたから 誰か誘って行ってくるわ🎵

ほな また来年な。 お仕事頑張って😄

一木 #- | 2016.10.31(Mon) 12:29 | URL | EDIT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑