轟沈!

| EDIT

ラッキー

バラしたんかい!(怒)

すいましぇん。
日曜日な賀田湾に行ってきましたが、痛恨のバラシをやっちまいまいやした。
海面まで浮かせたのに.....
最後の最後タモ入れ直前にひとのしでした(悲)
70センチはあろうかというヒラメでした....
今週はもうその件がアタマから離れません。

12月16日(日) 賀田湾
ワタクシ「週前半より寒さはマシだけど相変わらず寒みーな。魔鯛は活性下がってるだろうから
活きアジも持って行ってヒラメも狙おうっと」

沖カセに到着。
まずは2時間ほど落とし込みでマダイを狙いますが、こまかいアタリばっかしです。
「ハギーノ湧いてるな。めんどくせー」
取り敢えず晩メシようにハギーノを3匹程確保です。
キモパンで旨そうです。

ここでようやくヒラメタックル準備。
ロッド:サクラスペシャル
リール:コンクエスト50
道糸:PE1号
ハリス:フロロ5号60センチ
捨て糸:フロロ3号60センチ
エサ:活きアジ 口かけ、孫ハリ背がけ

「まぁ、釣れたらもうけもんだな」

マダイを狙いつつ置き竿のヒラメ竿をチラチラ見ながらの釣りを実行しました。
しかし、この日は中層から底にかけてはハギーノが湧いてて全く釣りになりません。
一方ヒラメ竿は

時折活きアジの魚信が穂先に出ますが、完全に

沈黙です。

もうしゃーないから久しぶりに昼寝を敢行しやした。

30分経過...

1時間経過...

ガゴン!

えっ。慌てて竿みるとサクラスペシャルが海中に没してます。
相当あせりました。
尻手ロープを手繰ります。
ここで深呼吸。
ヒラメ釣りに早合わせは禁物です。
ヒラメ40という言葉がありますが、活きアジを完全に飲み込むまで
がまんです。
10秒・・・20秒・・・
スゲー時間が長く感じます。

1分経過。

穂先が海中に突込みます!

キター!

思わず鯛釣りのような電撃アワセを入れたくなりますが、聞くように
ゆっくり持ち上げます。
ドッシリと乗りました。
感覚を言うと岩でも釣り上げているような感触です。
あとはコンクエストのドラグをしめゴリ巻です。

果たして..

座布団みたいなヒラメ殿登場。
手が震えてますがタモ入れ準備です。
その時悲劇が、

最後の抵抗と言わんばかりに激しく突込み、痛恨のハリはずれでした。

ドラグをガチガチにしめたことと、いっそクラッチ切ってもう一回バトル
してれば獲れてたと思います。

その後30分ほど放心状態。

気を取り直し再度仕掛けを投入するも...

来るわけないっすよね。

今週は再度復讐に行きたいと思います。
あえてリベンジとは言いません。これは釣師のプライドをかけた復讐です。
もはや今週に限りマダイ釣りは封印です。
本気でヤツ(ヒラメ)を捕りに行きやす。

では~


下のバナーをそれぞれぽちっと押してください。


釣り・フィッシング ブログランキングへ


海釣り ブログランキングへ


にほんブログ村








Category: 釣り

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑