ボンバーファクトリー バーリートゥード

| EDIT

バーリートゥード
モデル名:VT70H
7ft(213センチ)
min:0.5oz(14.2g)
max:2oz(56.7g)

写真は怪魚ハンター武石憲貴氏の愛竿。
なんでこの竿が登場したかというと先日実家でこんなやり取りがありました。

20:00位 実家
ワタクシ「熱燗もう1本つけて」←おっさん臭丸だしですが...
母「はいはい。飲みすぎたらいけんよ~」

父「そういや~今日じいちゃん家の裏山に畑仕事行ったらバス釣りの兄ちゃん
達がまた来とったのぉ」
母「ええ。また~。人の土地の池に勝手にバス放流して。生態系が完全に
壊れてしもうとるわ」

ワタクシ・・・

母「あんたも遊びの釣りばっかりじゃなくてたまには人のために釣りしなさい!」
(てか、ワタクシが釣った魚を皆さん食べてますよね。家計の助けになってると思いますが...)
父「しかし、釣り人の立ち入りを禁止することは出来てもバスを駆除することは今更
できんじゃろ?」
母「ズバリ。釣り尽くしなさい。リリース不可です」

スゲーことを言い出しました(汗)

ワタクシ「いやいや。たぶん何千匹もいるから無理やで」
母「バイト代を出す!」

やりましょう!

ということで4月頃(たぶん)から今まで全く手を出してないバス釣りをやることに
なりそうです。
しかし、あそこの池にはバス以外にも雷魚やコイの大型がいたはず。
そこでその道のカリスマ武石氏のタックルを調査しました。
てか、武石氏の生き様がすごい!

武石憲貴氏。1973、秋田県生まれ。大学卒業後、会社勤めをするが2年半で退社。
1999年にまだ見ぬ怪魚を探索するためにインドに旅たつ。以後、アジア、南米、アフリカ、
オセアニアを総日数1386日、26ヶ国にわたり、巨大魚を追い求め放浪する。現在は怪魚探索
の傍らモンゴルにおいて釣りガイドや新聞に釣行記を執筆する。
数年前に情熱大陸に出演してましたが、釣行のために短期のきついバイトをし金貯まったら
海外に旅立つってやってました。自己記録の2m超える怪魚釣ったら彼女にプロポーズ
するって言って番組中にホントに釣ってましたがその後どうなったんでしょうね。

まぁ、とても真似出来ないっすけどスゲー羨ましい釣りライフを送っている方です。
興味がある方は左に武石氏のブログリンクしときましたんで見てくださーい。

ムベンガ2

てか、こんなんいたら面白いすけどね。
写真はコンゴの川に生息するムベンガという怖ろしい魚です。

なんか最近、マダイから遠ざかってますが今晩行ってきまーす。
お楽しみに!

あっ尾鷲釣り大会の2部、3部撃沈でした。

尾鷲川端
来年こそは。

下のバナーをそれぞれぽちっと押してください。


釣り・フィッシング ブログランキングへ


海釣り ブログランキングへ


にほんブログ村

Category: 釣り > 道具

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑