マダイ開幕戦!

| EDIT

おめでとう

本日の巻頭は祝人生初マダイ!弟子の森田君です!
いや~

めで鯛ですな~

早速本編スタートです。

4/14(日)am3:30


森田君「大変申し訳ございません!」
ワタクシ「まさかと思うが今起きた?」
森田君「はいっ!ホントに申し訳ございません!」
ワタクシ「船長に遅めの2番船お願いしとくから速攻出撃しろ!エンジンブローする位の
     つもりでアクセル踏め!」
森田君「はっはい~!!汗」

結局、補給先(エサ屋)の大内山には4:00過ぎに森田君到着。
なんとか出船ギリギリで間に合いました。

本日の兵装(エサ)ですが
ボケ×80発
アオイソメ×3基
アオキアミ×2基
マダイイエロー×2基
激荒×1基
そしてそして、ついに今年も究極兵器である
ウタセエビが解禁となりやした。今回はもらったか

am6:00 尾鷲のホーム筏乗船場
船長「おおっ!若いのまた来たんか~。今回はしっかり師匠にレクチャーして貰って
釣らなあかんぞ!」
森田君「はいっ頑張ります!」
ワタクシ「船長は気短いからホンマに今回釣らんと海に落とされるぞ笑」
森田君「先輩あんましプレッシャーかけないでくださいよぅ」

今回はオープン戦で唯一(てか3回しかまだ行ってませんが...)マダイの戦果があった3番筏
でスタートです。
まずは、

筏酒

実はワタクシ朝一発目は大体酒入れます。森田君によれば、午前中のゴールデンタイムはワタクシ適当に釣ってる
感がありありらしいです汗
まぁ、こればっかしはしゃあないですよね~。だって酒好きですから
そして、ここホームの筏での儀式としては、必ず海に清め酒をふるまいます。
実はホームの湾内は戦時中潜水艦の秘密基地(だから水深50m弱もあるんすね)だったらしく駆逐艦級の艦船も撃沈されてるらしいです。
英霊たちの眠る海で釣りやるわけすから当然の儀式だとワタクシは思ってます...

さてさて釣りスタートです。

本日のタックル
ロッド:桜伊勢1.65m
ハリス:クレハ2.5号
ハリ:チヌ針6号

最初はボケからスタートです。
いざ!
中層までアタリは全くナシです。
底付近でコッとヨワーイアタリ。
一発目なんで電撃アワセくれてやると
乗りました!
てか、かるーい。
一発目は何故かキス殿でした。
その後、この日は底付近ばっかしでアジ、カサゴ、トラギスを追加。
なんか五目釣りの様相を呈してきましたが、

10:00頃
激荒入りのダンゴを3個投入した直後に
コッコッ、チョーンという本アタリがきやした。
この日一番の身体全体を使った電撃を入れます!

乗ったぜ!


コピー ~ 3番マダイオレ

小さいですが何か?

森田君「流石師匠っすね。この活性でお見事ですぅ」
ワタクシ「まぁ、経験の差やな。活性低いけどおるにはおるから頑張れよ」

それから、午後14:00位までは風がきつく水温も低下したみたいで渋ーい状況が続きます。
そしてドラマが

バヒュッ

森田君渾身のアワセが決まりました。
てっ竿たたいてます。
ワタクシ「マダイや!慎重にな!そんな大きくないと思うけどライン出されそうになったら
無理せずに巻き取るなよ。どんな釣りでもそうやけど魚が引いてる時に無理に引っ張るとブレイク
するからな!」
森田君「はい!」

ゆっくりと上がってきたマダイは桜鯛特有の綺麗な魚体でした。

ワタクシ「やったな。おめでとう!」
森田君「有難うございます。師匠についてきて良かったです」

その後はワタクシが40センチのマダイを追加、森田君も最後の最後に20センチのマダイを追加
し納竿としました。
特に納竿間際の森田君の1枚は活性が最も下がったときの1枚で価値ある1枚となりました。

船長「やったか?」
ワタクシ「森田君初マダイやったで~」
船長「おお。良かったな。これからどんどん釣れよ~。師匠を追い越せるようにな笑」
(いやいや、まだまだ負けんで~)
森田君「次は魔鯛釣れるように頑張ります!」

20130414釣果

最終戦果
ワタクシ マダイ40センチ頭に×2
     キス
     マアジ×2
     トラギス
     メバル

森田君  マダイ20センチ頭に×2


では~

下のバナーをそれぞれぽちっと押してください。


釣り・フィッシング ブログランキングへ


海釣り ブログランキングへ


にほんブログ村






Category: 釣り > 筏釣り

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑