GWの戦い!

| EDIT

ウミガメ公園

いや~

哀愁漂ってますな~

GWは結局2日にわたり出撃したものの散々たる状況となりやした。

2日とも尾鷲のホーム筏に行ったものの、初日2日(木)はなんと最も相性の悪い
2番筏であえなく

1305042番

分かりにくいですがキジハタのちっちゃいのが釣れたのが唯一の救いか...
(飲み込んで血出てたんでキープしやした)

GW中盤に気分転換でキス釣り行きましたが

船越投げ

15センチくらいのキス4匹という低釣果...
投げ竿の主砲スピンパワーを1年ぶりに振れたのは良かったですが。
PE2号ラインで5色(125m)しか出なかったのは久しぶりだからか?それとも体力の衰えか?
まぁ、深く考えないことにします(汗)
てか、名古屋在住の投げ釣師ネオさんと知り合いになれたのが良かったです。
(左にネオさんのブログリンク貼っときました!)

そして、5月6日(月)はホーム尾鷲の3番筏
なんか知りませんが東京から帰省してたウチの妹も行くとか言い出し...

ワタクシ「今日は1番筏行きたいんやけど」
船長「あかん。妹さんおるんやったら無難な3番にしとけ!」
ワタクシ「・・・」
1番はホームの本命筏ですが、水深が40mと深くしかも日によって中層から底の
どの層にいるかわからず上級者向けの筏であります。
てか、最近の船長はなんか知りませんが初心者に甘いです(悲)

3番筏は水深30m弱の釣り場ですが、まずは水深チェックしてラインマーカーで記して
1号錘をつけてスタートです。
ボケ、オキアミ、アオイソメなどで広角で探ったあと、ダンゴ釣りまで展開しますが
ヨワーイアタリがたまに出る程度で活性低しです。
弱いアタリにかたっぱしからアワセるか迷いましたがこの日は気温が30度まで上昇
する予報でしたので必ず活性が上がるとみて本アタリがくるまでガマンする釣りを展開
しました。
妹の方は簡単にレクチャーしたあとほったらかしで、まぁ筏釣り初めてやからマダイの顔
みることできねぇだろうと踏んでましたが

キターーーーッ

絶叫が聞こえ

麻マダイ

なんとチャリコですがマダイをゲットしやがりやした。
その後、立て続けにオジサンを4匹ほど釣り

またまたキターーーーーッの声とともにチャリコを仕留めました。
ワタクシ「どうやって釣っとるんや?」
妹「オキアミを2つ付けてる」
抱き合わせかと思いましたが、八の字にして丸めてます汗
我々釣り師が想像もしないつけ方ですが、2匹ともこれで仕留めたとのこと。
妹「一旦、底まで落として適当に3巻ほどして細かいアタリは無視してゆっくり20センチ
ほど穂先を上げてグっ(妹は本アタリという言葉は当然知らない)と入ったら
勝手に掛かってる」
なんとっ!!!
まぁ、こういうパターンで釣る場合もありますが、教えてねーのにあっさりやってのけるとは...
これで、錘外してダンゴ釣りからのゼロ釣法で海中での糸鳴りを消すことも教えようか迷いましたが...
一度に色々教えても...

嘘です

単に完全敗北するのが怖かっただけです...

その後はワタクシが根性で1枚仕留めましたが、妹は結局3枚釣り納竿となりました。

3番

帰り
船長「いや~立派立派!1番上げても良かったかもな。てか、アニキは情けないのう」
ワタクシ「マジで凹むわ」
船長「妹さん。今年は活性高くなるの遅れとるけど今度お盆に1番上げたるわ。80センチ
  級の大物狙ってみぃ」
(マジで性根入れ直して頑張らないと少なくと去年の最長寸78センチを超えられそうです。頑張ります!)

では~

下のバナーをそれぞれぽちっと押してください。


釣り・フィッシング ブログランキングへ


海釣り ブログランキングへ


にほんブログ村










Category: 釣り

COMMENT

ジャブさん、こんばんは。

ヘッポコ投げ釣り師のネオです。

先日は、お邪魔虫になりスミマセンでしたm(__)m

いろいろと、興味のあるお話しをお聞きして
大変、参考になりました。
灯台下暗しとは、良く言ったものですね。
僕が10数年前に夜の大キスやマダイ(湾内)狙いで、
そちら方面に通ってました。
これからは、南紀方面ばかりでなく、紀東方面(名古屋からも近いし)
もマダイ、コロダイ狙いで通いたいと思います(笑)

今後ともよろしくお願いします。

ネオ #QHD/fvI2 | 2013.05.09(Thu) 00:20 | URL | EDIT

ネオさん こんばんわ。

先日はこちらこそどうもです。
紀東で投げだとこれからの季節、有名な三木浦や九鬼もマダイ
狙いで面白いかもですよ~。
釣れたら教えてくださいね~
では~

- #- | 2013.05.09(Thu) 18:45 | URL | EDIT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑