筏釣り カゴ釣りの時の針について

| EDIT

カン付き1
今日は針についてのお話を少し。
釣りにおいてタックルを考えるとき竿やリール、ラインのことは色々悩んでも
針についてはあまり考えていない方が多いのではないでしょうか?
これは中級者がおちいる経験性の罠です。(経済用語の流動性の罠を無理やりもじりました。笑)
釣りを初めて何回かいい思いをした結果、更なる向上心が芽生えついつい基本が。。。
あらゆる釣りにおいて魚と釣り師の接点は針です。
ワタクシはタックルを考えるとき魚と距離の近い部分から考えます。
重要度でいうと針>ライン>ロッド・リールでしょうか。

魔鯛も70センチを超えるとその引き味は結構なモンがあります。
よく鯛の3段引きといいますが、最初の突込みは

パネーっす!

この時、ロッドとラインの弾性を使いいなすのですが、鯛釣りにおいては磯釣り、かかり釣り
ともにポンピング禁止とワタクシは考えています。
磯釣りにおいては拝み釣りといったりしますが大物が掛かった際は竿を正面に据え引きが強い場合
はそのままじっと耐えます。引きがゆるんで来たら巻き取るといったイメージです。
かかり釣りの場合も下向きリールの場合はひとさし指がつりそうになりながら両手で竿を持ち
耐えます。ただ、かかり釣りの場合はロープがありますんでそっちに走られたらもうそれは
しゃーないです。

話がちょいと横道にそれましたが、
ワタクシはかかり釣りにおいて大魔鯛を狙うときは
カン付きの針を必ず使用します。理由は
すっぽ抜けの可能性はほぼゼロだからです。
外掛け結びで最後のひと結びを本線から外し巻き込むいわゆる枕結びすればすっぽ抜けないと言われる
方もいらっしゃるでしょうが可能性はゼロではないです。
また、カン付きの利点としては付けエサを付けたときの角度が自然なことやちもと付近のラインの
ヨレも全くなしです。
ずばり結びの強度、エサ付けの自然さでいうと

ユニー(ユニノット)最強です!

上級者や師匠をおもちの方々は釣り具屋で針を買う際、カン付きの針なんて真っ先に候補から外されて
いる(これを先入観の罠という)かと思いますが、ワタクシは釣りの師匠がおりませんもんで...

カゴ釣りの場合は
オキアミチヌとかのケン付の針がいいように最近思っています。
カゴの中にサシエが収容されているとはいえ100mもぶっ飛ばすわけですから当然風圧とかの影響は
あります。できるだけエサが外れにくい針ということでここ数年愛用しています。

下のボタンをぽちっとお願いします。


釣り・フィッシング ブログランキングへ


海釣り ブログランキングへ


にほんブログ村



Category: 釣り > 道具

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑