0.5倍返しだ!

| EDIT

20130921マダイ60

先週末、先週水曜日にいい思いしたことが忘れられず懲りずにホーム行ってきやした。
結果は.....

2013年9月21日(土)ホーム尾鷲の筏
ワタクシ「おはよう。」
船長「おおっ。今日もこないだみたいに爆釣頼むで!」
船長は他のお客さんに水曜日に爆釣した話を宣伝してます(汗)
(プレーシャーかけんでくれい)

1番筏到着
まずは、恒例の1号おもり+ボケで状況チェック。
活性はやはり低し...
今回からとうとう恐れていたイガイの供給がストップしたためダンゴを打つか悩み
ましたが、結局打ちました。
15分程でエサ取り水族館の開園です(汗)
試しにフロートに付着しているイガイを数個集めて落とし込みしますがアタリなし...
やはり上まきしないとマダイはダメみたいっすね。

今年はホントに全国的にイガイの付き悪くエサ屋さんも必死にイガイ探してくれましたが
ついにギブアップ宣言です。
ここからは波動防壁なしでガミラス艦隊に突っ込むような心境です←またまた知らない人はわけわからんすね(汗)

さてさて、この場合ですが基本的には3つの方法になります。
1.マダイはタナ一定で群れで行動していることも多々あるのでエサ取りのいない層を丹念に探す
2.フォールで喰わせるため基本的には常にエサを動かす。
3.エサ取りの層にあえて進撃しかたっぱしからアワせる。

基本的には広角釣法で、忘れたとき程度にダンゴに包み海底のエサ取りの状況をチェックする目的と寄せのため縦にダンゴの柱を作ってやります。

てか、この釣り方

とにかく忙しい!

打ち返して打ち返して1個づつ海の状況を常に調査しデータを蓄積していくので
はっきし言ってマジ疲れます。
最初の1時間程度は釣るというよりデータの上積が目的のようなもんです。
しかも1番筏は水深40m近くあるのでデータ量も膨大です。

9:00頃
2時間程度やりだいぶ状況が掴めました。
この日もっともエサもちが良いザリガニを装着(ホントはカメジャコが欲しいんすけどね。
最近三重で売ってないです...)し

いざっ

底から5ヒロ程度上のカワハギorアジの層はトップスピードで通過します。
底から2.5ヒロ程度のエサ取りのいない層で一旦ステイします。

なにごともなし。

スローで落とし込みます。
底から1ヒロ程度のところで

ガジガジッ

そのまま少しついてくと

ドキューン!

来ましたよ~
マダイ確定です。
まずは50センチ程度のマダイを確保です。
続けて同じパターンで40センチ確保です。
10:00頃ウタセで今度は2.5ヒロ上でステイ中に本日最大の60センチゲットです。

12:00頃 船長の見回り
船長「なんや、こないだの半分のペースやないか?チヌは?」
ワタクシ「今日はチヌ狙ってないからゼロ~(NEWS ZERO風)やで」
船長「最近チヌ釣りの客増えてきたからチヌ釣ってくれ!」
(両方は同時に狙えね~って。鯛はもういらんということか...)

午後に入り鯛からチヌ狙いに変更。
結果は、

完敗です。

底はゴンズイ帝国でした~。
夕方、ゴンズイが薄くなる時合きましたが、結局喰ってこず...
鯛をちょろっと追加して終了でした。

最終は

20130921川村1番

こんな感じ。

マダイ 60センチ頭に5枚
カワハギ 1枚

先週水曜日の半分って感じですね。

でっちょいとフラストレーション溜まったんで
3連休最終日にアウェー行ってきやしたが

20130923郁義

53センチ!


1枚釣るのがやっとでした。
毎年、この時期30センチ越えのオオアジが回ってくるんですが、今年は水温の関係でちょっと
時期が早いんすかね~。


では~

下のバナーをそれぞれぽちっと押してください。



海釣り ブログランキングへ


にほんブログ村

Category: 釣り > 筏釣り

COMMENT

ザリガニでやってますね~!
こうなれば、信じて使い続けるかどうかで釣れる釣れないは
決まってきそうですね。まるで都市伝説みたい(笑)

今年はタチウオが早くから釣れ始めてしまったので、
マダイ・タチウオ半々狙いになってしまいそうですが
そのうちに「ザリ餌」で結果を出してみたいとおもっています。

asanagi2011 #SFo5/nok | 2013.09.28(Sat) 10:31 | URL | EDIT

朝なぎ様

コメント有難うございます。
ザリエサ試してみて下さ~い。
ザリって結構生命力強くて海水の桶に1日入れといても平気でぴんぴん
してますよ。
まぁ鯛はなんでも喰いますからね。
ちなみに去年は12月初旬までイガイ(カラス貝)で釣れました。

ジャブ #- | 2013.09.29(Sun) 07:15 | URL | EDIT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑